苫小牧[市](読み)とまこまい

百科事典マイペディアの解説

苫小牧[市]【とまこまい】

北海道中南部の市。1948年市制。石狩,勇払(ゆうふつ)の低地帯が太平洋に臨む地にあり,西は樽前(たるまえ)山などの山地。室蘭本線道央自動車道が通じ,日高本線,千歳線が分岐する。1910年支笏(しこつ)湖付近のエゾマツトドマツ,夕張の石炭,豊富な電力と水を利用し,王子製紙の大工場が設立され,広大な貯木場や社宅群の特色ある景観をもつ単一工業都市として発展した。1963年に日本初の掘込式人工港として開港した苫小牧港は,1981年特定重要港湾に指定された。7万トン級埠頭をもつ同港を中心に臨海工業地域が形成されている。1989年には道央テクノポリスに指定され,東部工業地域に先端技術などの関連企業が進出,また西部工業地域には石油精製,自動車などの企業が進出している。製造品出荷額では6190億円(2003)を上げ,北海道一の工業都市となっている。1991年12月ウトナイ湖がラムサール条約登録湿地となる。東日本大震災で,市内において被害が発生。561.57km2。17万3320人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とまこまい【苫小牧[市]】

北海道南西部,太平洋に面する市。1948年市制。人口16万9328(1995)。地名はアイヌ語の〈トーマコマナイ〉(沼の後ろにある川)に由来するという。西に樽前山がそびえ,東に勇払(ゆうふつ)原野が広がる。江戸時代には勇払川河口の勇払に幕府直轄の勇払会所があった。1910年泥炭地の原野に王子製紙の工場が設置された。樽前山麓の豊富な原木,支笏(しこつ)湖を水源とする電力と用水,夕張炭鉱の石炭に加えて,北炭鉄道(現,室蘭本線)により室蘭港に近い交通の有利さもあって,以後〈製紙の町〉として急速に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android