コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苫小牧[市] とまこまい

2件 の用語解説(苫小牧[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

苫小牧[市]【とまこまい】

北海道中南部の市。1948年市制。石狩,勇払(ゆうふつ)の低地帯が太平洋に臨む地にあり,西は樽前(たるまえ)山などの山地。室蘭本線道央自動車道が通じ,日高本線,千歳線が分岐する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とまこまい【苫小牧[市]】

北海道南西部,太平洋に面する市。1948年市制。人口16万9328(1995)。地名はアイヌ語の〈トーマコマナイ〉(沼の後ろにある川)に由来するという。西に樽前山がそびえ,東に勇払(ゆうふつ)原野が広がる。江戸時代には勇払川河口の勇払に幕府直轄の勇払会所があった。1910年泥炭地の原野に王子製紙の工場が設置された。樽前山麓の豊富な原木,支笏(しこつ)湖を水源とする電力と用水,夕張炭鉱の石炭に加えて,北炭鉄道(現,室蘭本線)により室蘭港に近い交通の有利さもあって,以後〈製紙の町〉として急速に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

苫小牧[市]の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone