コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅山貝塚 かやまかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茅山貝塚
かやまかいづか

神奈川県横須賀市佐原にある縄文時代早期の貝塚。かきを主体とする純鹹貝塚で,沖積地に東に突き出した台地尖頭部にある。出土した土器から,茅山式土器の型式が設定された。この土器は,多量の繊維を胎土に含み,貝殻条痕文で器面が成形されている。現在,この茅山式土器は,野島式,鵜ヶ島台式,茅山下層式,茅山上層式の各型式に順次細分されている。器形の面で,野島式土器は尖底の深鉢であるが,鵜ヶ島台式以後になると平底が一般化し,土器胴部の段の出現がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かやまかいづか【茅山貝塚】

神奈川県横須賀市佐原町茅山(現,佐原5丁目)にある縄文時代早期の遺跡。久里浜港の北西約2km,平作川の沖積地に向かって西から半島状に突出した舌状台地の先端付近に位置する。標高約40m,北斜面に堆積したカキを主とする純鹹(じゆんかん)貝塚で,1897年にはじめてその所在が学界に報告された。以後,約半世紀の間に小規模な発掘が数多くの人々によって試みられたが,1954年に横須賀市博物館の赤星直忠らが発掘して,厚さ4mに及ぶ貝層を発見し,そこから出土する土器に新旧2型式あることを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅山貝塚
かやまかいづか

神奈川県横須賀(よこすか)市佐原に所在する縄文時代早期末の貝塚。いわゆる「茅山式土器」の標式遺跡として有名である。すでに1897年(明治30)沼田頼輔(よりすけ)によって学界に報ぜられ、また大正末年には、大場磐雄(いわお)、赤星直忠(なおただ)らによる調査が行われた。1954年(昭和29)神奈川県史跡に指定された。JR久里浜(くりはま)駅の西方約700メートルの位置にあり、標高約40メートルの細長い台地の北側約80平方メートルほどの斜面に貝層が堆積(たいせき)している。マガキを主体とし、アサリ、ハマグリ、アカニシ、レイシなどの海水産の貝殻からなり、厚いところで4メートルを測る。イノシシ、シカ、イルカ、スズキ、クロダイなどの獣魚骨も目だつ。土器は繊維痕(こん)をもち、貝殻条痕を施したものであるが、文様、器形は層位により差があり、型式的に区別される。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

茅山貝塚の関連キーワード大場磐雄岡本

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android