コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋四郎次郎 ちゃやしろじろう

6件 の用語解説(茶屋四郎次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶屋四郎次郎
ちゃやしろじろう

江戸時代の京都の豪商,茶屋家歴代の通称。茶屋家は徳川将軍家の呉服師で,安南貿易と糸割符 (いとわっぷ) 貿易により巨富をたくわえ,代々四郎次郎を屋号として使用した。初代清延 (1545~96) は家康の近習として仕えるかたわら安南貿易に従事し,2代清忠 (?~1603) も家康に近侍,3代清次 (?~22) は糸割符の特権を得て,幕府の外交貿易政策の遂行に大きな役割を果し,4代道澄,5代延宗は安南やコーチシナとの間に朱印船貿易を行なったが,寛永 12 (1635) 年異国渡海の禁で中止のやむなきにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゃや‐しろうじろう〔‐シラウジラウ〕【茶屋四郎次郎】

安土桃山・江戸時代の京都の豪商。四郎次郎は歴代の通称。初代清延・2代清忠・3代清次・4代道澄・5代延宗と、徳川家の呉服師、朱印船貿易商、糸割符商として巨利を得た。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茶屋四郎次郎【ちゃやしろうじろう】

江戸時代の京都の豪商。幕府,御三家の御用呉服商で,朱印船貿易に従事。姓は中島,代々四郎次郎を称す。初代清延(きよのぶ)〔1542-1596〕,2代清忠〔1583-1603〕,3代清次〔1584-1622〕。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃやしろうじろう【茶屋四郎次郎】

1542‐96(天文11‐慶長1)
徳川家康の側近御用達。京都の豪商。先祖は山城国とも三河国出身ともいわれ,つまびらかでない。姓は中島を称し,初代は清延,法名を情延といった。茶屋は三河の大名徳川氏の御用達として家康の側近に仕え,上方筋の情報を家康に提供し,軍需品の調達や,京都における家康の旅宿をつとめた。家康の戦争にはつねに出陣して側近で活躍し,ときには間者(かんじや)や講和の内使などをつとめた。1588年(天正16)ごろ家康の江州代官として年貢の徴収にあたったが,のち辞退し,家康の呉服御用達として仕え,その子孫は代々呉服師を継承した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゃやしろじろう【茶屋四郎次郎】

安土桃山・江戸時代の京都の豪商。徳川家の呉服師。本姓は中島。代々四郎次郎を称す。初代清延(1545~1596)の時、南海貿易に従事、五代延定まで朱印船貿易と糸割符いとわつぷの特権で栄えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶屋四郎次郎
ちゃやしろうじろう

安土(あづち)桃山~江戸時代の京都の豪商。幕府呉服(ごふく)師。本姓中嶋(なかじま)。出身地は山城(やましろ)との説もあるが、三河(みかわ)説が有力。代々四郎次郎と称す。初代清延(きよのぶ)(1545―96)は三河時代の徳川氏の御用商人として活躍し、本能寺の変に際し、その報を畿内(きない)にきていた家康に伝えたことで知られる。2代清忠(きよただ)(1582―1603)は京の総町頭役となるが、嗣子(しし)なく早世した。3代清次(きよつぐ)(1584―1622)は又四郎といい清延の次男、家を継ぎ1614年(慶長19)襲名。長崎奉行(ぶぎょう)長谷川(はせがわ)藤広に従って長崎に下り、御用糸支配など貿易に携わり、キリシタン禁圧にも働いた。1612年から朱印船を交趾(こうち)(現在の中部ベトナム)に派遣し、4代道澄(みちすみ)、5代延宗(のぶむね)の代まで続けた。清次は大坂の陣の際、家康側近として京に戻り、京、大坂、奈良、堺(さかい)、伏見(ふしみ)の町人、および過書船(かしょぶね)の御用商人の支配を命ぜられた。なお清延の三男新四郎、四男小四郎はそれぞれ尾張(おわり)家、紀伊家の呉服師を勤めた。[脇田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茶屋四郎次郎の言及

【呉服師】より

…将軍の側近にあって身辺の御用を務めていた関係から,私的にきわめて親近な関係にあり,利権にありつくことも多かった。1603年(慶長8)の幕府の成立時には,後藤縫殿助,茶屋四郎次郎,亀屋栄任らが徳川家康の側近として重宝がられていたが,慶長末より元和年間にかけて尾州茶屋新四郎,上柳,三島屋の3軒が追加され,呉服師6軒仲間が成立した。その中心は後藤,茶屋で,各200石の禄高と役宅が与えられていた。…

※「茶屋四郎次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茶屋四郎次郎の関連キーワード三代茶屋四郎次郎天王寺屋伊呂波茶屋陰間茶屋角倉八文字屋尼店植田文竅円悦茶屋四郎次郎(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶屋四郎次郎の関連情報