コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草合(読み)くさあわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草合
くさあわせ

平安時代の遊戯で,物合せの一つ。5月5日の節供に種々の草を集めて,その種類や優劣を競った。宮廷でも行われ,負けると衣服を脱いで,勝った者に与える風習があったといわれる。鎌倉時代も子供の遊戯として残ったが,その後,衰えた。本来は山野の薬草採集 (薬狩り) から起ったもので,競狩 (きおいがり) ,闘草,草くずしともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草合
くさあわせ

闘草(とうそう)、種合などとも記される。物合の一種で、珍しい草花を持ち寄って比べ、その優劣を競う遊戯。『荊楚(けいそ)歳時記』には、古く中国で5月5日に行われた「闘草」についての記述がみえ、それとの関連が想定される。『百練抄』の永久(えいきゅう)5年(1117)5月29日条には、内裏(だいり)で闘鶏とともに闘草が行われたことがみえ、また『後拾遺和歌集』20には、朝顔とかがみ草を合わせたところ、かがみ草が勝ったとある。[杉本一樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android