草木国土悉皆成仏(読み)そうもくこくどしっかいじょうぶつ

  • そうもくこくど
  • そうもくこくどしっかいじょうぶつ〔サウモクコクドシツカイジヤウブツ〕
  • 悉皆成仏(しっかいじょうぶつ)
  • 草木国土
  • 草木国土×悉皆成仏
  • 草木国土悉皆成仏 cǎo mù guó tǔ xī jiē chéng fó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

涅槃経』で説かれる言葉。草木国土のような非情なものも,仏性を具有して成仏するという。この思想はインドにはなく,6世紀頃,中国仏教のなかに見出されるが,特に日本で流行した。日本では空海が最初といわれ,次いで天台宗円珍や安然らによっていわれた。それが鎌倉時代になって,親鸞,道元,日蓮らによって主張され,やがて謡曲にこの言葉は多く出てくるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

仏語。草木や国土のように心をもたないものでさえ、ことごとく仏性があるから、成仏するということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

草木や国土のような心識をもたないものも,すべて仏性を有するので,ことごとく仏となりうるという意味の成語。《涅槃経(ねはんぎよう)》の〈一切衆生,悉有仏性〉の思想を基盤とし,生命をもたない無機物にもすべて〈道〉が内在するという道家の哲学を媒介として,六朝後期から主張され始めた中国仏教独自の思想であり,天台,華厳などで強調される。【麦谷 邦夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。中陰経にいうといわれてきた偈(げ)の一部。草木土石のように非情のものでも、有情のものと同じくことごとく成仏できるという意。
※曾我物語(南北朝頃)一一「ただ一筋に仏道を願ふ時は、草木国土しっかひじゃうぶつとぞ見えける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android