荒地(読み)あれち

  • 詩同人誌

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩同人誌。誌名はT・S・エリオットのThe Waste Landにちなむ。第一次『荒地』は鮎川信夫(あゆかわのぶお)、森川義信らにより1939年(昭和14)3月創刊。全7冊。第二次『荒地』は1947年(昭和22)9月創刊、1948年6月第6号まで雑誌で刊行。1951年8月より1958年まで、年刊詩華集『荒地詩集』8巻、別冊『詩と詩論』2巻、『荒地詩選』1巻を刊行。『荒地詩集1951』巻頭に掲載されたマニフェスト「Xへの献辞」は、その文中の「現代は荒地である」という宣言によって多大な反響を呼び起こした。戦争体験を凝視し、詩に文明批評的要素を導入して、戦後詩史のなかで、もっとも強力な詩運動の拠点の一つであった。同人は、鮎川信夫、田村隆一、北村太郎、三好豊一郎、中桐雅夫(まさお)、黒田三郎、木原孝一、吉本隆明、中江俊夫ほかである。[原崎 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒地の関連情報