コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華厳五十五所絵巻 けごんごじゅうごしょえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華厳五十五所絵巻
けごんごじゅうごしょえまき

華厳経』入法界品 (にゅうほっかいぼん) にある善財童子善知識歴参を描いた絵巻。『善財童子絵巻』『善財童子歴参図』とも呼ばれる。絵巻が東大寺に伝わり (国宝) ,12世紀後半の東大寺を中心とする華厳宗復興の機運のなかで作られたと考えられる。絵巻は詞書がなく色紙形に各善知識の位相,所在,名称,讃頌が書込まれている。軽妙な筆づかいと淡い色調に特色をもつ1巻で,その他藤田美術館などに残欠が遺存する。額装本は旧訳の『華厳経』に基づくもので,現在 20幀のうち 10幀は東大寺外に分蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けごんごじゅうごしょえまき【華厳五十五所絵巻】

《善財童子絵》とも呼ばれるように,《華厳経》入法界品に説かれる善財童子の善知識歴参の諸場面を描いた12世紀後半の絵巻。東大寺が蔵する1巻に37図,他に藤田美術館に10図など,残欠が諸所に存する。善財童子があるとき文殊菩薩から,諸々の善知識(高僧)に会って修行の道を尋ねよとの指示を受け,順次南行して善知識を歴訪し,最後に普賢菩薩にまみえて無礙法界の大道を会得しおわったという内容で,55人の聖を訪れるところから五十五所とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華厳五十五所絵巻
けごんごじゅうごしょえまき

絵巻。1巻。国宝。奈良・東大寺蔵。華厳経の後半にある入法界品(にゅうほっかいぼん)の経説を図示したもので『善財童子(ぜんざいどうじ)絵巻』ともいわれる。善財童子が文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の教えにより徳雲比丘(びく)以下53の善知識を歴訪し、ふたたび文殊菩薩に会い、文殊に導かれて普賢(ふげん)菩薩にまみえ、55人の聖(ひじり)を訪れて無礙(むげ)法界の大道を会得したという内容を説く。詞書(ことばがき)はなく、各段とも図上に線で色紙形を画して各知識の位相名、所在地名、賛文を記入している。図様は中国渡来の原典によったものと思われるが、絵は描線も軽妙、色彩も淡泊で清純な趣(おもむき)に富む。平安時代(12世紀)の作であるが、筆者は明らかでない。なお、この絵巻は一部が明治のころ切断され、断簡が東大寺ほか諸家に分蔵されている。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の華厳五十五所絵巻の言及

【華厳経美術】より

…ほかに元代の《金泥華厳経見返絵》(京都国立博物館)もある。日本において善財童子は平安末になって厳島神社や東大寺の紺紙金泥華厳経の見返絵に断片的に描かれ,善財童子の歴参のみを描いたものには《華厳五十五所絵》(額装本),《華厳五十五所絵巻》(巻子本)がある。このほか《華厳海会善知識曼荼羅図》(東大寺),《華厳海会諸聖衆図》(高山寺)の2幅があり,前者は中央上部に毘盧遮那如来を置き,周囲を54区画に区切りそれぞれに善財童子歴参図を描いた華厳変相図である。…

※「華厳五十五所絵巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android