コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原咲平 ふじわらさくへい

7件 の用語解説(藤原咲平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原咲平
ふじわらさくへい

[生]1884.10.29. 長野,諏訪
[没]1950.9.22. 東京
気象学者。1909年東京帝国大学物理学科卒業。中央気象台に入り,1941~47年同気象台台長。その間,1920年「音響異状伝播の研究」で帝国学士院賞を受賞。低気圧の研究などを行ない,1937年帝国学士院会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐さくへい〔ふぢはら‐〕【藤原咲平】

[1884~1950]気象学者。長野の生まれ。中央気象台長。気象学の普及に貢献したほか、渦の研究で知られる。著「雲」「群渦」「日本気象学史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原咲平【ふじわらさくへい】

気象学者。長野県諏訪市出身。東大卒。第5代中央気象台長。東大教授。天気予報が専門。渦動論を得意として低気圧論に導入。音の異常伝搬諏訪湖の結氷の史料による気候変動の研究などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原咲平 ふじわら-さくへい

1884-1950 明治-昭和時代の気象学者。
明治17年10月29日生まれ。中央気象台にはいり,大正13年から母校東京帝大の教授を兼任し,昭和16年中央気象台台長となる。岡田(武松)・藤原学派を形成。雲,渦動の研究をつづけ,天気予報の現場にあって「お天気博士」としたしまれた。大正9年音の異常伝播の研究で学士院賞。昭和8年日本ではじめてグライダーをとばした。昭和25年9月22日死去。65歳。長野県出身。著作に「雲」「雲を掴(つか)む話」など。
【格言など】天気予報は七分の学理に三分の直観(「予報者の心掛け」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらさくへい【藤原咲平】

1884‐1950(明治17‐昭和25)
気象学者。第5代中央気象台台長。長野県諏訪生れ。1909年東京帝国大学理科大学理論物理学科卒業,中央気象台に入る。気象に関する多くの独創的な研究を行い,15年音の異常伝搬の研究により理学博士の学位を受け,20年にはその研究により帝国学士院賞を受けた。37年には帝国学士院会員となり,太平洋戦争直前の41年岡田武松の跡をつぎ,中央気象台台長となった。戦争中の気象事業の運営に当たり,戦後は気象事業の再建につとめ,47年和達清夫にあとをゆずり,退官した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらさくへい【藤原咲平】

〔姓は「ふじはら」とも〕 (1884~1950) 気象学者。長野県生まれ。東大卒。中央気象台長。気象学の普及に貢献したほか、渦動論の研究で知られる。著「渦巻の実験」「日本気象学史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原咲平
ふじはらさくへい
(1884―1950)

気象学者。長野県諏訪(すわ)に生まれる。1909年(明治42)東京帝国大学理論物理学科を卒業し、1911年中央気象台技手となり、翌年から大気中における音波の異常伝播(でんぱ)の研究を始め、1920年(大正9)この研究で学士院賞を受賞した。同年ノルウェーに留学、V・ビャークネスのもとで極前線論の開拓に従事、のちイギリスに渡り、渦巻の実験研究を行った。1922年中央気象台附属測候技術官養成所(気象大学校の前身)主事、1924年東京帝国大学教授、1926年地震研究所所員、1928年(昭和3)気象台の天気予報の主任となり、1941年には中央気象台台長となったが、1947年(昭和22)公職追放となり、以後もっぱら執筆活動を続けた。著書には『雲』『大気物理学』『気象光学』『渦巻きの実験』『日本気象学史』ほか啓蒙(けいもう)的なものも多い。生涯研究を続けた渦動(かどう)論はよく知られている。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原咲平の関連キーワード石丸雄吉大石和三郎大谷東平国富信一後藤一郎佐藤順一大後美保滑川忠夫堀口由巳山本義一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原咲平の関連情報