コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原咲平 ふじわらさくへい

7件 の用語解説(藤原咲平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原咲平
ふじわらさくへい

[生]1884.10.29. 長野,諏訪
[没]1950.9.22. 東京
気象学者。1909年東京帝国大学物理学科卒業。中央気象台に入り,1941~47年同気象台台長。その間,1920年「音響異状伝播の研究」で帝国学士院賞を受賞。低気圧の研究などを行ない,1937年帝国学士院会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐さくへい〔ふぢはら‐〕【藤原咲平】

[1884~1950]気象学者。長野の生まれ。中央気象台長。気象学の普及に貢献したほか、渦の研究で知られる。著「雲」「群渦」「日本気象学史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原咲平【ふじわらさくへい】

気象学者。長野県諏訪市出身。東大卒。第5代中央気象台長。東大教授。天気予報が専門。渦動論を得意として低気圧論に導入。音の異常伝搬諏訪湖の結氷の史料による気候変動の研究などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原咲平 ふじわら-さくへい

1884-1950 明治-昭和時代の気象学者。
明治17年10月29日生まれ。中央気象台にはいり,大正13年から母校東京帝大の教授を兼任し,昭和16年中央気象台台長となる。岡田(武松)・藤原学派を形成。雲,渦動の研究をつづけ,天気予報の現場にあって「お天気博士」としたしまれた。大正9年音の異常伝播の研究で学士院賞。昭和8年日本ではじめてグライダーをとばした。昭和25年9月22日死去。65歳。長野県出身。著作に「雲」「雲を掴(つか)む話」など。
【格言など】天気予報は七分の学理に三分の直観(「予報者の心掛け」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらさくへい【藤原咲平】

1884‐1950(明治17‐昭和25)
気象学者。第5代中央気象台台長。長野県諏訪生れ。1909年東京帝国大学理科大学理論物理学科卒業,中央気象台に入る。気象に関する多くの独創的な研究を行い,15年音の異常伝搬の研究により理学博士の学位を受け,20年にはその研究により帝国学士院賞を受けた。37年には帝国学士院会員となり,太平洋戦争直前の41年岡田武松の跡をつぎ,中央気象台台長となった。戦争中の気象事業の運営に当たり,戦後は気象事業の再建につとめ,47年和達清夫にあとをゆずり,退官した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらさくへい【藤原咲平】

〔姓は「ふじはら」とも〕 (1884~1950) 気象学者。長野県生まれ。東大卒。中央気象台長。気象学の普及に貢献したほか、渦動論の研究で知られる。著「渦巻の実験」「日本気象学史」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原咲平
ふじはらさくへい
(1884―1950)

気象学者。長野県諏訪(すわ)に生まれる。1909年(明治42)東京帝国大学理論物理学科を卒業し、1911年中央気象台技手となり、翌年から大気中における音波の異常伝播(でんぱ)の研究を始め、1920年(大正9)この研究で学士院賞を受賞した。同年ノルウェーに留学、V・ビャークネスのもとで極前線論の開拓に従事、のちイギリスに渡り、渦巻の実験研究を行った。1922年中央気象台附属測候技術官養成所(気象大学校の前身)主事、1924年東京帝国大学教授、1926年地震研究所所員、1928年(昭和3)気象台の天気予報の主任となり、1941年には中央気象台台長となったが、1947年(昭和22)公職追放となり、以後もっぱら執筆活動を続けた。著書には『雲』『大気物理学』『気象光学』『渦巻きの実験』『日本気象学史』ほか啓蒙(けいもう)的なものも多い。生涯研究を続けた渦動(かどう)論はよく知られている。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤原咲平の関連キーワード井上馨キンダー佐竹義尭ジョイナーローレツ清元梅吉甲申政変ハムギアルコール発酵飯田事件

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原咲平の関連情報