コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田武松 おかだたけまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田武松
おかだたけまつ

[生]1874.8.17. 千葉,布佐
[没]1956.9.2. 千葉,布佐
気象学者。1899年東京帝国大学物理学科卒業後,中央気象台に勤務し,1904年予報課長。1920年神戸の海洋気象台台長を経て,1923~41年中央気象台台長。1931年帝国学士院会員。1949年文化勲章受章。日本の近代気象学,気候学発展に大きな貢献をした。日本の気象事業確立者であり,気象学の普及にも貢献。『梅雨論』On the Baiyu or Rainy Season,『日本気候論』Climate of Japanなどのほか,『気象学』『気候学』『気象学講話』『雨』『理論気象学』をはじめ解説書も多く,海洋学地震学,地球電磁気学など地球物理学の分野でも業績をあげた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おかだ‐たけまつ〔をかだ‐〕【岡田武松】

[1874~1956]気象学者。千葉の生まれ。長く中央気象台長を務め、日本の気象観測制度を確立。文化勲章受章。著「日本気候論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

岡田武松【おかだたけまつ】

気象学者。千葉県布佐出身。東大卒。1920年神戸の海洋気象台長。1923年―1941年第4代中央気象台長。1949年文化勲章。大著《日本気候論》(1931年)のほか学位論文の《梅雨論》,幾つかの気象学の標準的な教科書後進育成などにより,日本の気象事業の確立に著しく貢献。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田武松 おかだ-たけまつ

1874-1956 明治-昭和時代の気象学者。
明治7年8月17日生まれ。中央気象台(現気象庁)にはいり,予報課長として日露戦争日本海海戦時の気象予報を担当。大正12年台長となり地震観測網の整備,航空気象・海洋観測法の確立など気象事業の整備につとめた。昭和24年文化勲章。昭和31年9月2日死去。82歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「気象学」「気象学講話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかだたけまつ【岡田武松】

1874‐1956(明治7‐昭和31)
気象学者。第4代中央気象台台長。千葉県布佐生れ。1899年に東京帝国大学理科大学物理学科を卒業,ただちに中央気象台に入った。1904年には予報課長となり,日本海海戦のおりの天気予報を出した。20年には神戸に海洋気象台を創設し,その台長となり,23年には中央気象台台長となり,41年まで在職した。行政的手腕に優れ,1910年には諸外国に先がけ,無線による海上の気象電報の交換をはじめるなど,日本の気象事業の発展につくし,日本の海洋学,地震学の発展にも貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おかだたけまつ【岡田武松】

1874~1956) 気象学者。千葉県生まれ。東大卒。中央気象台長。富士山などの山頂観測所の設置、地震観測網の整備など、気象観測事業の基礎を築いた。著「日本気候論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田武松
おかだたけまつ
(1874―1956)

気象学者。千葉県布佐(ふさ)(我孫子(あびこ)市)に生まれる。1899年(明治32)東京帝国大学物理学科卒業後、中央気象台に入り、1904年(明治37)予報課長となり、翌年の日本海海戦時の予報を担当した。1920年(大正9)海洋気象台台長(神戸)、1923年から第4代中央気象台台長と海洋気象台台長を兼任した。日本の気象学、気象事業の育ての親で、学位論文となった『梅雨(ばいう)論』のほか、日本の気候、東北凶冷の研究などが有名。全国の気象官署の国営化、暴風警報と海洋観測法の確立などの事業を成し遂げ、また中央気象台附属測候技術官養成所(気象大学校の前身)を設立した。著書の『気象学講話』(1908)、『雨』(1916)、『気象学』(1927)、『気象器械学』(1931)などは版を重ね、後進に多大な影響を与えた。1949年(昭和24)文化勲章受章。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岡田武松の言及

【気象学】より

…明治時代には産業気象的なものが多かったが,87年に出された北尾次郎の颶風に関する論文は,これを力学的に解析したもので,世界第一級のものであった。1908年には岡田武松は《気象学講話》を自費出版し,教科書として使用され日本の気象学の基礎づくりに大きく貢献した。また,彼はこの頃,梅雨を論じたが,これは第2次世界大戦後,大気大循環の立場から新しい進展を見た。…

※「岡田武松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡田武松の関連キーワード岡田の法則(気象学)日本科学史(年表)堀口 由己昭和時代根本順吉藤原咲平北越雪譜北尾次郎堀口由己富士山岡田

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田武松の関連情報