コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢浅二郎 ふじさわ あさじろう

7件 の用語解説(藤沢浅二郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤沢浅二郎

直秀、新派俳優、川上音次郎一座に加わる。大正6年(1917)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤沢浅二郎【ふじさわあさじろう】

新派俳優。京都生れ。初め新聞記者。1891年川上音二郎書生芝居結成に作者兼俳優として参加,以後約20年間川上を助けた。新派全盛の本郷座時代幹部俳優として活躍,《金色夜叉》《不如帰(ほととぎす)》などが当り芸。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢浅二郎 ふじさわ-あさじろう

1866-1917 明治-大正時代の舞台俳優,劇作家。
慶応2年4月25日生まれ。雑誌・新聞記者をへて,明治24年川上音二郎一座の旗揚げに俳優兼作者としてくわわる。「金色夜叉」の間(はざま)貫一が当たり役で,本郷座で高田実一座の幹部俳優として活躍。41年東京俳優養成所(のち東京俳優学校)を設立。大正6年3月3日死去。52歳。京都出身。脚本に「板垣君遭難実記」「経国美談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤沢浅二郎

没年:大正6.3.3(1917)
生年:慶応2.4.25(1866.6.8)
明治大正期の新派俳優,作者。京都生まれ。京都で雑誌『活眼』,大阪で『東雲新聞』の記者をしたころ川上音二郎と知りあい,明治24(1891)年川上の書生芝居の旗揚げに俳優兼作者として参加,「板垣君遭難実記」「日清戦争」などの台本を書き,川上一座の副将として活躍した。また高田実らと共演,当たり役に「金色夜叉」の貫一,「己が罪」の塚口がある。41年私財を投じて東京俳優養成所を開設,後進の育成に当たったが,晩年不遇のうちに浅草今戸町で没した。<参考文献>「名家真相録16・藤沢浅二郎」(『演芸画報』明治41年4月号)

(藤木宏幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじさわあさじろう【藤沢浅二郎】

1866‐1917(慶応2‐大正6)
新派俳優,劇作者。京都生れ。雑誌《活眼》や《東雲(しののめ)新聞》の記者をしたのち,1891年堺で川上音二郎の書生芝居の旗揚げに俳優兼作者として参加,《板垣君遭難実記》《経国美談》《日清戦争》ほかの台本を執筆した。また《金色夜叉(こんじきやしや)》の貫一,《己が罪》の塚口などを演じ,新派の幹部俳優として活躍した。1908年私財を投じて東京俳優養成所(のち東京俳優学校)を創設,後進の育成にも尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤沢浅二郎
ふじさわあさじろう

[生]慶応2(1866).4.25. 京都
[没]1917.3.3. 東京
新派俳優。初め雑誌,新聞記者。 1891年堺の川上音二郎による書生芝居の旗揚げに参加,93年川上とともに上京。立役,女方として舞台に立つかたわら,『板垣君遭難実記』『威海衛陥落』『金色夜叉』その他の作者として,川上が没するまで補佐した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤沢浅二郎
ふじさわあさじろう
(1866―1917)

俳優。筆名紫水(しすい)。京都生まれ。新聞記者から転じて1891年(明治24)に川上音二郎の一座に加わり、以来女方や脇役(わきやく)を勤め、作者としても貢献した。1905、06年(明治38、39)には伊井蓉峰(ようほう)、高田実らと共演して新派全盛時代の主要俳優の1人と目され、『金色夜叉(こんじきやしゃ)』の貫一などを演じた。08年11月、私費を投じて東京俳優養成所(1910年に東京俳優学校と改称)を設立。その試演会は斬新(ざんしん)な演目と新鮮な演技で注目を集めたが、経営難のため11年には閉校するに至り、失意のうちに浅草今戸で没した。[松本伸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤沢浅二郎の関連キーワード英太郎伊井蓉峰高田実河原市松木村猛夫熊谷武雄(1)柴田善太郎瀬戸英一(初代)中野信近深沢恒造

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone