コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩営マニュファクチュア はんえいマニュファクチュア

3件 の用語解説(藩営マニュファクチュアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藩営マニュファクチュア
はんえいマニュファクチュア

江戸時代末期から明治維新期にかけて諸藩が直営したマニュファクチュアの総称。薩摩,水戸,山口藩の鉄砲,津和野藩のろう,福井,秋田藩の織物をはじめ,主として製糸織物,金属工業,醸造業部門で発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はんえいマニュファクチュア【藩営マニュファクチュア】

江戸中期以降,専売制度実施の過程で設置された藩営の製蠟工場,織物工場,陶磁器製作所などや,幕末に西南雄藩で富国強兵政策のために設置された藩営の洋式工場などと,そこでの生産様式をいう。これらの藩営工場では多くの人々がそれぞれ仕事を分担し,協力して働いていた。たとえば薩摩藩では,幕末の深刻な対外危機に対処するため藩主島津斉彬を中心に藩政改革を実施し,その一環として城内に反射炉を建設し,ついで溶鉱炉ガラス,陶磁器,農具,地雷,ガス灯などの各種製作所を設け,のちにこの場所は集成館と呼ばれてその規模を拡大し,1日に1200人を超す職工・人足が働いていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藩営マニュファクチュア
はんえいまにゅふぁくちゅあ

一般に江戸中期以降、藩専売制度実施の過程で設置された藩営の製蝋場(せいろうば)、織物作業場、陶磁器製作場や、幕末西南雄藩における藩営洋式工場などをいう。中期の例としては、肥後熊本藩では城内に櫨方(はぜかた)役所を設けて蝋の原料である櫨実を統制し、ついで商人が請け負っていた高橋製蝋所を買収して藩営製蝋所として蝋生産の独占を目ざした。また、福岡藩も博多(はかた)(福岡市)、甘木(あまぎ)(朝倉(あさくら)市)、植木(うえき)(直方(のおがた)市)に生蝋(きろう)会所を設けている。とくに幕末になると対外危機が深刻になったこともあって、西南雄藩を中心に軍事力の強化が図られ、各種の藩営工場が設立された。鹿児島藩では、藩主島津斉彬(なりあきら)が中心になって藩政の改革が開始され、その一環として城内に反射炉の建設をはじめとして溶鉱炉や硝子(ガラス)、陶磁器、農具、地雷(じらい)、瓦斯(ガス)灯などの各種製造所がつくられている。これらの場所はのち集成館とよばれ、規模をさらに拡張し、1日に1200人を超す人足や職工が働いていたという。また慶応(けいおう)年間(1865~68)には、洋式紡績工場や造船所も設立され、ここでも多くの人々が働いていた。佐賀藩ではすでに陶磁器生産のため藩営窯場が設けられていたが、幕末には反射炉をはじめとして造船、鋳砲(ちゅうほう)を目的とした藩営工場が建設されている。高知藩でも幕末には開成館が設立され、その内部は軍艦局をはじめ貨殖、捕鯨、勧業、税課、鉱山、火薬、鋳造、鋳銭局などに分かれ、ここでも軍事・経済力の強化が図られている。明治維新後、新政府に引き継がれるなどして近代工場創出の基盤ともなった。[吉永 昭]
『土屋喬雄著『封建社会崩壊過程の研究』(1927・弘文堂書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩営マニュファクチュアの関連キーワード藩専売制江戸言葉土弓漆蠟専売制紙専売制塩専売制(中国)紫根専売制専売制専売制反対一揆ニンジン専売制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone