コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪塚本町 やぶづかほんまち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藪塚本町
やぶづかほんまち

群馬県南東部、新田(にった)郡にあった旧町名(藪塚本町(まち))。現在は太田市の北部を占める地域。旧藪塚本町は、1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)太田市に合併。大間々(おおまま)扇状地の扇央と東の茶臼(ちゃうす)山丘陵にまたがる畑作農村である。東武鉄道桐生(きりゅう)線が通じ、北東を桐生市に接する。江戸時代初期の岡登(おかのぼり)用水の開設と、銅(あかがね)街道設置に伴う新田集落の地域で、残存していた平地林も第二次世界大戦後開墾された。中心集落は大原(おおはら)。かつては養蚕、現在は小玉スイカや野菜栽培が盛んで、沢庵(たくあん)漬けが特産。藪塚温泉があり、丘陵の斜面や洞穴を利用してできた「ジャパン・スネークセンター」が知られる。温泉の北方に県立東毛(とうもう)少年自然の家がある。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藪塚本町の関連キーワード群馬県太田市藪塚町群馬県太田市太田(市)本島 一郎渡良瀬川岡上景能太田市尾島

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藪塚本町の関連情報