藪塚本町(読み)やぶづかほんまち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藪塚本町
やぶづかほんまち

群馬県南東部、新田(にった)にあった旧町名(藪塚本町(まち))。現在は太田市の北部を占める地域。旧藪塚本町は、1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)太田市に合併。大間々(おおまま)扇状地の扇央と東の茶臼(ちゃうす)山丘陵にまたがる畑作農村である。東武鉄道桐生(きりゅう)線が通じ、北東を桐生市に接する。江戸時代初期の岡登(おかのぼり)用水の開設と、銅(あかがね)街道設置に伴う新田集落の地域で、残存していた平地林も第二次世界大戦後開墾された。中心集落は大原(おおはら)。かつては養蚕、現在は小玉スイカや野菜栽培が盛んで、沢庵(たくあん)漬けが特産。藪塚温泉があり、丘陵の斜面や洞穴を利用してできた「ジャパン・スネークセンター」が知られる。温泉の北方に県立東毛(とうもう)少年自然の家がある。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藪塚本町の関連情報