蘇我石川麻呂(読み)そがのいしかわまろ

百科事典マイペディア「蘇我石川麻呂」の解説

蘇我石川麻呂【そがのいしかわまろ】

飛鳥時代の廷臣蘇我馬子(うまこ)ので倉麻呂の子。蘇我蝦夷(えみし)らに反対し,娘を中大兄(なかのおおえ)皇子の妃とし,皇子らと結んで大化改新を計画,実行。次いで右大臣となったが,649年弟の讒言(ざんげん)により,謀叛(むほん)人として中大兄皇子の軍に攻められ,自殺。
→関連項目右大臣蘇我氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「蘇我石川麻呂」の解説

そがのいしかわのまろ【蘇我石川麻呂】

?‐649(大化5)
飛鳥時代の廷臣。蘇我(倉山田)石川までが,麻呂が名。馬子の孫,倉麻呂(雄当)の子。蘇我本宗家の鞍作(入鹿)への反感から,中臣鎌子の誘いによって本宗家討滅計画に参加し,鞍作を暗殺する当日は三韓の上表文を読む役に当たったという。本宗家滅亡後の孝徳天皇の新政権では,右大臣となった。しかし,新政権の下では,左大臣阿倍内麻呂やその支持勢力と対立した。吉野に隠退した大兄(おおえ古人皇子やその一党の討滅の際や,東国国司らの成績再審査事件の際の行動に,それが示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蘇我石川麻呂の言及

【乙巳の変】より

…干支が乙巳にあたる645年(大化1),中大兄皇子(後の天智天皇),中臣鎌子(後の藤原鎌足)らが蘇我大臣家を滅ぼして新政権を樹立した政変。皇極女帝のもとで,皇位継承や政治方針に関し大臣の蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)父子と対立していた女帝の長子中大兄らは,唐の興隆により国際関係が緊張して高句麗や百済には政変が起き,643年冬には皇位継承の有力候補だった山背(やましろ)大兄皇子(王)一家が入鹿に滅ぼされると,蘇我一族の倉山田石川麻呂(くらのやまだのいしかわのまろ)らを同志として大臣家打倒を決意し,645年6月12日,皇居の正殿で石川麻呂が〈三韓の表文(ひようぶん)〉と称する外交文書を読みあげている最中に,中大兄が率先して入鹿を斬り,雇っていた暗殺者たちがこれを殺し,翌日には蝦夷も護衛兵らに逃亡されて自殺した。…

※「蘇我石川麻呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android