コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜆塚貝塚 しじみづかかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜆塚貝塚
しじみづかかいづか

静岡県西部,浜松市中区の蜆塚にある縄文時代の後期から晩期にいたる遺跡。土器石器骨角器,土製品,石製品などのほか埋葬人骨も発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蜆塚貝塚【しじみづかかいづか】

静岡県浜松市蜆塚町にある縄文(じょうもん)後期から晩期にかけての遺跡(史跡)。佐鳴(さなる)湖東岸の三方原(みかたはら)台地上に馬蹄(ばてい)形状に分布する海産の貝のみの貝塚
→関連項目浜松[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しじみづかかいづか【蜆塚貝塚】

JR浜松駅から西北西3km,浜松市蜆塚町に所在。三方原洪積台地上に営まれた,ヤマトシジミを主体とする縄文時代後・晩期の貝塚。17世紀後半から蜆塚の地名が文献に現れるが,貝塚として学界に知られたのは,1889年であった。1955年から58年にかけて4次にわたる発掘調査が行われた。台地の平坦部に東西2群に分かれて28基以上の平地式住居跡が並び,これらに一部重なって楕円形の穴に死者を屈葬した墓地群が接し,住居跡群と墓地群になかば重複して東西に貝塚が広がる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android