コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行願寺 ギョウガンジ

3件 の用語解説(行願寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょうがん‐じ〔ギヤウグワン‐〕【行願寺】

革堂(こうどう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎょうがんじ【行願寺】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行願寺
ぎょうがんじ

京都市中京区寺町通竹屋町(たけやまち)にある天台宗の寺。霊(れいゆうさん)と号する。西国三十三所第19番札所。開基は行円。狩りを好んだ行円は、射止めた鹿(しか)の姿を見て発心(ほっしん)して仏門に入り、つねに鹿革を身につけて千手陀羅尼(せんじゅだらに)を読誦(どくじゅ)していたので革聖(かわひじり)といわれ、それにちなんで革堂(こうどう)(「かわどう」ともいう)と通称される。草創は1004年(寛弘1。一説に翌年)12月とされ、行円が夢託により賀茂社の大槻樹で千手観音(かんのん)像を刻し、一条の北の油小路に一寺を建立して慶讃供養(きょうさんくよう)をしたのに始まると伝える。幾度かの火災により1708年(宝永5)に現在地に移った。[中山清田]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の行願寺の言及

【革堂】より

…〈かわどう〉ともいう。正称は霊麀山(れいゆうざん)行願寺。当寺は平安中期の1004年(寛弘1),行円が創建した。…

※「行願寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行願寺の関連キーワード孝道狡童皇道革堂黄道吉日恒道太閤道中村孝道常同行動 (stereotyped behavior)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行願寺の関連情報