コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星コンステレーション エイセイコンステレーション

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐コンステレーション〔ヱイセイ‐〕【衛星コンステレーション】

satellite constellation》多数の人工衛星を協調して動作させる運用方式。人工衛星を互いに通信範囲が重ならないよう低軌道または中軌道に投入し、全地表面を網羅する。衛星電話GPSなどで利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衛星コンステレーション
えいせいこんすてれーしょん
satellite constellation

複数の人工衛星を連携させて一つの機能やサービスを達成する方法。コンステレーションconstellationとは「星座」の意味である。全球降水観測計画(GPM)でのコア衛星とコンステレーション衛星との連携のように、一つの大型観測衛星ですべてを観測するのではなく、複数の比較的小型の衛星との協働により、コストパフォーマンスがよく、かつ時間的な分解能(同じ地点の観測頻度)が高い観測体制をつくる方向性のひとつとされる。
 具体例としては、GPS(全地球測位システム)において複数の衛星からの電波を受信して地表での位置を確定させる方法や、衛星電話のイリジウムのように、多数の衛星により基本的に地球上どこでも通話できるようにする方法などがある。また、地上の災害状況を観測するものとして、災害監視コンステレーション(DMC:Disaster Monitoring Constellation)が複数の光学衛星を打ち上げて運用されている。同様に、天候や昼夜に関わらず観測できる合成開口レーダー(SAR:Synthetic Aperture Radar)衛星コンステレーションも、ドイツの地球観測衛星TerraSAR-X(テラサーエックス)などで運用されている。
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)も船舶位置の把握を目ざす「海事・漁業分野」、病虫害発生などの農地を監視する「農業分野」、森林保護を監視する「森林分野」、渋滞・事故・災害を把握するための「交通物流分野」などで小型衛星コンステレーションビジネスモデルを検討している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

衛星コンステレーションの関連キーワード準天頂衛星システムイリジウム準同期軌道ガリレオ北斗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android