コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣笠山 きぬがさやま

5件 の用語解説(衣笠山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣笠山
きぬがさやま

京都市の市街地北西部にある小さな山。標高 201m。北区と右京区の境界に位置する。古生層から成り,なだらかでマツ林が美しい。南麓に堂本美術館 (→堂本印象 ) ,立命館大学等持院,西麓に竜安寺がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きぬがさ‐やま【衣笠山】

京都市街の北西部にある山。標高201メートル。山麓に金閣寺等持院竜安寺などがある。衣掛山。[歌枕]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きぬがさやま【衣笠山】

京都市北西部の山。笠に似た海抜202メートルの小丘。山麓に金閣寺・竜安寺・仁和にんな寺などがある。衣掛山。衣笠岡。⦅歌枕⦆ 「もみぢ葉を千しほに染て山姫のきがさねたりし衣笠の山/為忠集」 〔歌枕としては、「衣笠(の)岡」が詠まれることの方が多い〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕衣笠山(きぬがさやま)


京都市の市街地北方に広がる北山(きたやま)山地南端の山。松林が茂る景勝地。標高201m。東麓(とうろく)に鹿苑(ろくおん)寺(金閣(きんかく)寺)、南西麓に等持(とうじ)院、西麓に竜安(りょうあん)寺などの著名寺院が点在、南麓に立命館(りつめいかん)大学がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衣笠山
きぬがさやま

京都市街の北西部にある小丘。北区の西端にあり、笠を伏せたような山容で、松の木に覆われる。標高201メートル。付近一帯は景勝の地で、山麓(さんろく)には金閣寺をはじめ、等持院、龍安寺(りょうあんじ)、立命館大学などがあり、また高級住宅地をなしている。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣笠山の関連キーワード京都府京都市上京区扇町京都府京都市上京区頭町京都府京都市上京区北町京都府京都市下京区堺町京都府京都市上京区栄町京都府京都市下京区都市町京都府京都市東山区中之町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区二町目京都府京都市上京区東町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衣笠山の関連情報