コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖書 そでがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袖書
そでがき

古文書学上の用語。文書の袖 (右端) に書かれた文。差出人が書いたものを追而書 (おってがき) という。また受取人が,本文に対する認否などを記して返す場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そで‐がき【袖書(き)】

古く、書面の袖(右端)に字句を書き添えたこと。また、その字句。国司などが認否の文言を記したものが多い。
手紙の追伸。古くは書面の袖に書いた。おってがき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

袖書の関連キーワード嘉喜門院国司字句

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android