コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖書 そでがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袖書
そでがき

古文書学上の用語。文書の袖 (右端) に書かれた文。差出人が書いたものを追而書 (おってがき) という。また受取人が,本文に対する認否などを記して返す場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そで‐がき【袖書(き)】

古く、書面の袖(右端)に字句を書き添えたこと。また、その字句。国司などが認否の文言を記したものが多い。
手紙の追伸。古くは書面の袖に書いた。おってがき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

袖書の関連キーワード嘉喜門院国司字句

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android