コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被官百姓 ヒカンビャクショウ

4件 の用語解説(被官百姓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひかん‐びゃくしょう〔ヒクワンビヤクシヤウ〕【被官百姓】

戦国時代から江戸時代にかけて、有力な農民に身分的、経済的に隷属していた農民。名子(なご)・門屋(かどや)・家抱(けほう)などと称した地方もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひかんびゃくしょう【被官百姓】

信濃国(長野県)伊那郡を中心に,江戸時代に存在した農繁期の農業労働や家事労働を提供する小作人をいう。この小作人を持つ地主を〈おやかた〉とか〈おえい〉と呼び,〈御館〉〈御家〉の字をあてている。史料的に跡づけられる例として伊那郡虎岩村の平沢家をみると,同家は古くは土地の土豪下条氏の家臣で,武田,織田,徳川の諸氏が信濃南部を席巻したころには次々とそれらに臣従し,知行地を認められている。その知行地を耕作し,主家が出陣するさいには従軍した家来があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひかんびゃくしょう【被官百姓】

中世・近世、経済的・身分的に地主に隷属していた百姓。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被官百姓
ひかんびゃくしょう

被官、被管ともいう。戦国時代から江戸時代の隷属農民の一称。御家(おいえ)、御館(おやかた)とよばれる地主的農民に、身分的、経済的に隷属する農民をいい、中世的な農民経営のあり方が近世まで残存したものと考えられ、後進地域、たとえば信州(長野県)伊那(いな)地方などに広くみられた。被官は御館に小作年貢や各種労役を提供し、土地とともに売買・質入(しちいれ)の対象となった。江戸中期以後、身代金(みのしろきん)や地代金を払って御館より自立して小農民となる例もあった。[上杉允彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の被官百姓の言及

【被官】より

…そのことをよく示すのが〈又被官〉の存在で,被官がさらに被官をかかえ,そうした被官の被官を又被官と呼ぶ。さらに地頭や土豪が百姓身分のものを被官として使役する被官百姓が多数存在したことも注目される。被官百姓は室町時代から戦国時代にかけて増大し,同じころ百姓を中心に形成される村落の惣結合と摩擦をおこすことになる。…

※「被官百姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone