コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏千家流 うらせんけりゅう

百科事典マイペディアの解説

裏千家流【うらせんけりゅう】

茶道の三千家の一つ。千利休の孫,宗旦の四男仙叟(せんそう)宗室(千宗室)が江戸初期に茶室の今日庵(こんにちあん)を継いで開いた茶道の流派。本家(表千家流)に対し,その居が裏にあったことからこの名がある。
→関連項目三千家千家流又隠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらせんけりゅう【裏千家流】

千利休を開祖とする茶道の流派の一つ。利休の孫宗旦が不審庵を三男江岑(こうしん)宗左に譲り,北の隣接地に今日庵,寒雲亭さらに又隠(ゆういん)を建てて移り住み,それが末子仙叟に譲られたことにより裏千家が成立。現在の15世に至るまで,代々宗室を名のっている。明治以後,裏千家では職場を中心にした婦人層と女学校への茶の湯普及につとめ,茶道人口の増大を図ったほか,現在では海外への茶道普及にも力を注いでいる。 利休から数えて4世にあたる仙叟宗室は,はじめ医師を志して野間玄琢に師事し,玄室と称していたが,玄琢の死後千家に戻り,のち加賀藩主前田利常の茶道茶具奉行として仕えるところとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裏千家流の関連キーワード武者小路千家流井口 海仙田中 宗卜苅山宗払桂玄斎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android