コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西念(2) さいねん

1件 の用語解説(西念(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西念(2) さいねん

1184-1291 鎌倉時代の僧。
元暦(げんりゃく)元年生まれ。浄土真宗。越後(えちご)(新潟県)で親鸞(しんらん)に師事。師にしたがって関東にいき,武蔵(むさし)足立郡野田(埼玉県)に道場をたてる。正応(しょうおう)3年覚如(かくにょ)が関東をおとずれたとき対面し,道場は長命寺の寺号をあたえられた。正応4年3月15日死去。108歳。信濃(しなの)(長野県)出身。法名は能信。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西念(2)の関連キーワード元暦南禅寺東山湛照サンガ南禅寺ルドルフ一条忠頼今井兼平佐々木秀義関兼衡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone