コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西脇[市] にしわき

2件 の用語解説(西脇[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

西脇[市]【にしわき】

兵庫県中部,加古川中流域を占める市。1952年市制。加古川線中国自動車道が通じる。中心市街は播州織物工業の中心で,ギンガムなど先染綿織物の生産は全国一の70%,輸出も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしわき【西脇[市]】

兵庫県中部の市。1952年市制。人口3万8257(1995)。加古川と杉原川の合流点に発達した繊維工業都市で,先染綿織物の日本最大の産地であり,製品は播州織として知られる。就業者の大半が織物に関連した仕事に従事している。この地に京都の西陣織の技術が伝えられたのは1792年(寛政4)で,杉原川の水質が鴨川に似ているため盛んになったという。しかし国内最大の産地になったのは第1次大戦後で,主製品のギンガムは東南アジアをはじめ世界各地に輸出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone