コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視学制度 しがくせいど

2件 の用語解説(視学制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視学制度
しがくせいど

学事に対する指導監督のための旧制度。 1886年から文部省に視学官 (督学官,教学官など時代により異なる) ,90年から地方に視学官,視学,郡視学などがおかれ,学事視察,教育内容面の指揮監督,教員の転免などを司り,監督行政の性格を強くもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視学制度
しがくせいど

校長・教師その他の教育職員が適切に教育活動を行うように、また教育上の技術、知見について進歩・向上するために、専門的教育職員が指導、援助あるいは監督を行う制度。諸外国においては視学機関の任務は、当初教員の監督にあったが、今日では指導、援助に変わってきている。[高橋寛人]

中央視学

日本の中央視学機関は、1872年(明治5)に文部省に督学を、翌年督学の下に視学を置くと定めたことに始まるが、これらは十分に実現しなかった。86年に視学官が設けられ、その後の改廃を経て1913年(大正2)には視学官は督学官に改称された。29年(昭和4)には社会教育官が、37年には思想統制のために教学官が置かれた。42年には督学官、社会教育官、教学官をあわせて新たに教学官と称するようになった。さらに37年以降は現役の将校が視学委員に任じられて、軍事教練の視察を行った。[高橋寛人]

地方視学

他方、最初の地方視学は、巡回訓導および督業訓導であった。これは明治初期に各地方で自主的に設けられ、名称・職務内容もまちまちであったが、1884年文部省は一括して小学督業とした。これらはいずれも近代教育制度創立期の啓蒙(けいもう)者として教員の指導にあたった。90年に各郡に郡視学を置くことが定められ、97年には各県2、3名の地方視学が置かれることとなった。99年にはさらに視学官が設けられた。視学官は学事視察を行うほか、教育学芸を担当する内務部第三課の課長を兼任した。[高橋寛人]

性格

中央・地方の視学機関はいずれも、学事の視察にあたって強大な監督、命令権をもち、また教員人事にも介入したため、教育の国家統制が強まるにつれて教員に恐れられる存在となり、視学本来の専門的指導助言機能は果たされず、監督的、統制的になり、教員の教育活動を圧迫するという致命的な弊害を招いた。[高橋寛人]

戦後の改革

第二次世界大戦後、このような視学制度の抜本的な改革が行われた。地方においては1948年(昭和23)に指導主事制度が誕生し、従来とは名称、職務の性格とも一変した。指導主事は監督的、統制的な視学とは異なり、教員の人事に関与せず、もっぱら教員の相談相手として指導、援助を行うこととなった。中央視学機構も従来の性格を改め、今日では連絡および専門的な指導、助言を行う視学官(専任)、視学委員(非常勤)などが置かれている。[高橋寛人]
『文部省調査普及局編『わが国及び各国における視学制度』(1949・刀江書院) ▽神田修著『明治憲法下の教育行政の研究』(1970・福村出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視学制度の関連キーワード旧制旧制度教授様式視学官熱意予科更生保護法生徒主事臨床修練制度ショパン:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone