コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親族相盗 シンゾクソウトウ

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞくそうとう【親族相盗】

窃盗罪(刑法235条),不動産侵奪罪(235条の2),あるいはこれらの未遂罪(243条)が親族間で犯されたとき(親族相盗)は親告罪となるが,直系血族,配偶者および同居の親族の間で犯されたときには,刑は免除される。ただし,親族でない共犯は,通常と同じに処罰される(244条)。この規定は,森林窃盗罪(森林法197条)に適用があるほか,詐欺罪(刑法246条),背任罪(247条),準詐欺罪(248条),恐喝罪(249条),これらの罪の未遂罪(250条)(以上251条による),横領罪(252条),業務上横領罪(253条),遺失物横領罪(254条)(以上255条による)にも準用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぞくそうとう【親族相盗】

親族間で窃盗を行うこと。直系血族・配偶者および同居の親族間で行われたときは刑が免除され、その他の親族間で行われたときは親告罪となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親族相盗
しんぞくそうとう

刑法は財産犯について「親族間の犯罪に関する特例」を規定している。すなわち、窃盗、不動産侵奪、詐欺(さぎ)、恐喝、横領、背任といった財産犯が、配偶者、直系血族、または同居の親族の間で犯された場合には、その刑が免除され、その他の親族の間で犯された場合には、親告罪とされる(刑法244条、251条、255条)。これを親族相盗例という。この思想的根拠には、「法は家庭に入らない」という考え方に基づき、財産犯人と被害者(通説・判例では、財産の所有者および占有者の両者を含む)との間に、所定の親族関係が存在する場合には、刑法により対処するよりも、親族内で自主的に解決することが望ましい、という点にある。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

親族相盗の関連キーワード犯罪少年非行少年告訴

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android