コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親族相盗 シンゾクソウトウ

4件 の用語解説(親族相盗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんぞく‐そうとう〔‐サウタウ〕【親族相盗】

親族間における盗犯。直系血族・配偶者・同居の親族の場合は無罪または刑が免除され、その他の親族では親告罪となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞくそうとう【親族相盗】

窃盗罪(刑法235条),不動産侵奪罪(235条の2),あるいはこれらの未遂罪(243条)が親族間で犯されたとき(親族相盗)は親告罪となるが,直系血族,配偶者および同居の親族の間で犯されたときには,刑は免除される。ただし,親族でない共犯は,通常と同じに処罰される(244条)。この規定は,森林窃盗罪(森林法197条)に適用があるほか,詐欺罪(刑法246条),背任罪(247条),準詐欺罪(248条),恐喝罪(249条),これらの罪の未遂罪(250条)(以上251条による),横領罪(252条),業務上横領罪(253条),遺失物横領罪(254条)(以上255条による)にも準用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんぞくそうとう【親族相盗】

親族間で窃盗を行うこと。直系血族・配偶者および同居の親族間で行われたときは刑が免除され、その他の親族間で行われたときは親告罪となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親族相盗
しんぞくそうとう

刑法は財産犯について「親族間の犯罪に関する特例」を規定している。すなわち、窃盗、不動産侵奪、詐欺(さぎ)、恐喝、横領、背任といった財産犯が、配偶者、直系血族、または同居の親族の間で犯された場合には、その刑が免除され、その他の親族の間で犯された場合には、親告罪とされる(刑法244条、251条、255条)。これを親族相盗例という。この思想的根拠には、「法は家庭に入らない」という考え方に基づき、財産犯人と被害者(通説・判例では、財産の所有者および占有者の両者を含む)との間に、所定の親族関係が存在する場合には、刑法により対処するよりも、親族内で自主的に解決することが望ましい、という点にある。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親族相盗の関連キーワード窃盗罪不動産金融不動産侵奪罪不動産登記法使用窃盗侵奪不動産保険事後強盗罪常習累犯窃盗罪不動産流通近代化センタ-

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone