コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証人威迫罪 しょうにんいはくざい

6件 の用語解説(証人威迫罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証人威迫罪
しょうにんいはくざい

自己または他人の刑事事件の捜査,公判の手続段階で,事件に関連して必要な知識を有する者またはその親族に対し,正当な理由もなく面会を強要したり,強談,威迫の行為をなすことによって成立する犯罪 (刑法 105ノ2) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうにんいはく‐ざい〔シヨウニンヰハク‐〕【証人威迫罪】

証人等威迫罪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

証人威迫罪【しょうにんいはくざい】

自己もしくは他人の刑事被告事件の捜査・審判に必要な知識を有すると認められる者またはその親族に対し,当該事件に関し故なく面会を強請しまたは強談威迫の行為をする罪。
→関連項目お礼参り面会強要

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうにんいはくざい【証人威迫罪】

自己もしくは他人の刑事被告事件の捜査・審判に必要な知識をもっていると認められる者またはその親族に対して,当該事件に関しゆえなく面会を強請したり,または強談威迫の行為をする罪。刑は1年以下の懲役または20万円以下の罰金(刑法105条の2)。強談等によって証人等の供述に影響を与えようとする行為,いわゆる〈お礼参り〉を取り締まり,裁判の適正と証人の保護を期すために,1958年に刑法の一部改正によって新設された罪。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうにんいはくざい【証人威迫罪】

刑事事件の捜査・審理に必要な知識をもつ者などに対し、正当な理由なく面会を求め、または要求に応ずるようおどす犯罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証人威迫罪
しょうにんいはくざい

自己もしくは他人の刑事事件の捜査もしくは審判に必要な知識を有すると認められる者またはその親族に対し、当該事件に関し、正当な理由がないのに面会を強請し、または強談威迫(ごうだんいはく)する罪で、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられる(刑法105条の2)。
 本罪は、1958年(昭和33)の刑法一部改正により、いわゆる「お礼参り」を抑止する目的で新設されたものであり、国の刑事司法の安全を保護するとともに、刑事事件の証人・参考人またはその親族らの平穏な私生活を保護するための罪でもある。本罪において「刑事事件」とは、公訴提起により現に被告事件となっているもののほか、被疑事件や将来被疑事件となりうるものも含まれるか争いがあるが、法文中に「捜査」という用語が用いられていることを根拠として、これらを含むと解するのが通説・判例である。また、「捜査もしくは審判に必要な知識を有すると認められる者」とは、犯罪の成否や情状に関する知識のほか、捜査や審判に必要なすべての知識をも含むから、たとえば、犯行の現場に居合わせた者やその目撃者はもとよりのこと、現に証人・参考人・鑑定人として裁判所に喚問され、捜査機関により取調べを受けている者のほか、将来それらの可能性がある者でもよい、とされている。なお、裁判や審判の確定前でなければならないが、当該事件につき再審が申し立てられている場合には、再審の判決が確定するまでは、本罪の客体となりうる。
 本罪では、前記の者またはその親族に対し、故なく面会を強請したり強談威迫することを要する。「面会を強請」するとは、面会の意思がないのに、相手方にこれを強要することであり、「強談威迫」するとは、相手方に対し、ことばで自らの要求に応ずるよう強く迫ること、または、ことばや態度により気勢を示し、相手方に不安や困惑の念を生じさせることをいう。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証人威迫罪の関連キーワード戒具刑事共同被告人刑事被告人詐欺更生罪証拠隠滅罪刑事部国策捜査熱海の捜査官三菱自をめぐる裁判

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone