誕生仏(読み)たんじょうぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誕生仏
たんじょうぶつ

釈迦の誕生時をかたどった彫像。誕生仏像には2種あり,その1つは摩耶夫人の右脇下から生れた釈迦の姿を表わしたもので,『四十八体仏』 (東京国立博物館) 中に飛鳥時代の遺例があり最も早い例。もう1つは右手で天をさし,左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と称した誕生時の釈迦の姿をかたどったもの。東大寺の誕生仏は天平時代の優品で,付属の灌仏盤とともに著名。なお多くは銅造でまれに木造もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

誕生仏【たんじょうぶつ】

釈迦誕生の像。母摩耶夫人の右脇より生まれ,7歩進んで,右手で天,左手で地をさし,〈天上天下唯我独尊〉と唱えたと伝える姿を模した像。多く金銅像に作り,灌仏会(かんぶつえ)には甘茶を注いで,甘露の雨に擬する。東大寺の誕生仏は8世紀ごろの作。
→関連項目花祭(仏教)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんじょうぶつ【誕生仏】

釈迦の降誕の姿をあらわす仏像で,灌仏会(かんぶつえ)(花まつり)の本尊である。釈迦は生まれてすぐ四方に7歩ずつ歩み,右手で天,左手で地を指さし,〈天上天下唯我独尊〉(わたくしは世の中の最勝者である)といったと伝える。その姿を銅造でかたどったものが誕生仏で,その多くは上半身を裸形,下半身に裙(くん)をまとい,灌仏盤中に立つ。誕生仏の異形として左手で天,右手で地を指さすものがあり,また木造の誕生仏もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんじょうぶつ【誕生仏】

釈迦が生まれた時の姿をかたどった像。右手で天を指し、左手で地を指して、「天上天下唯我独尊」と唱えた相を表す。灌仏会かんぶつえで祀まつられ、甘茶をかける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誕生仏
たんじょうぶつ

誕生釈迦仏(しゃかぶつ)の略で、釈迦降誕の姿を表した像。釈迦は紀元前6世紀ないし5世紀の4月8日の朝、ルンビニー園の無憂樹の下で花をとろうとして右手をあげた母マーヤー夫人のわきの下から生まれ、7歩あるいて右手で天を、左手で地をさして獅子吼(ししく)したといわれ、この天地をさす姿を像にしたのが、一般に誕生仏と称されるものである。毎年4月8日の灌仏会(かんぶつえ)・仏生会(ぶっしょうえ)(花祭り)の本尊として灌仏盤の中心に安置し甘茶を注ぐのは、誕生のとき竜王が香水(こうずい)を供養したとの故事による。現存の像では東大寺、善水寺、悟真寺(ごしんじ)など8世紀の像が有名。また京都大報恩寺の像は鎌倉時代の作例として貴重である。そのほか、マーヤー夫人のわきの下から生まれようとする瞬間を、付き従う侍女(釈迦を賛嘆する竜王、あるいは天人ともいう)や無憂樹とともに表した像(現存するものでは法隆寺献納宝物、東京国立博物館蔵)もある。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たんじょう‐ぶつ タンジャウ‥【誕生仏】

〘名〙
① 仏語。釈迦が生まれたとき、右手で天をさし、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と唱えたという姿をかたどった像で、童子形にあらわされる。この像に香水(こうずい)をそそいで釈迦の誕生日(四月八日)を祝う灌仏会(花祭)が行なわれる。《季・春》
※俳諧・広原海(1703)一「散銭は誕生仏の着着料」
② 転じて、衣服のない者・裸の者をいう。
※随筆・兎園小説(1825)二「今も酒を唐茶といひ、〈略〉妓童(かげま)を善男子、衣服のなきものを誕生仏ともいへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誕生仏の関連情報