コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語らう カタラウ

デジタル大辞泉の解説

かたら・う〔かたらふ〕【語らう】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「かた(語)る」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」から》
話し合う。むつまじく語り合う。「友と―・うひととき」
説得して味方にする。仲間に引き入れる。
「浪士等数百名を―・い」〈染崎延房・近世紀聞〉
じょうずに頼み込む。言いくるめる。
「陰陽師(おんやうじ)を―・ひて」〈宇治拾遺・二〉
親しく交際する。
「おのづから女房と―・ひ」〈大鏡・伊尹〉
男女が言い交わす。男女の関係を持つ。契る。
「みそかに―・ふわざもせざりければ」〈伊勢・六四〉
鳴く。
「郭公(ほととぎす)―・ふ方や山のはに村雨過ぎて月ぞほのめく」〈玉葉集
[可能]かたらえる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたらう【語らう】

( 動五[四] )
互いに打ち解けた気分で話し合う。 「親子水入らずで-・う」 「将来を-・った仲」
行動をともにするように説得する。味方に誘う。 「仲間を-・って街へくり出す」 「浪士等数百名を-・ひ/近世紀聞 延房
親しく交際する。懇意にする。 「早く親の-・ひし大徳/源氏 玉鬘
特に、男女が言い交わす。契る。 「うなゐを、右京の大夫かみよび出でて-・ひて/大和 39」 〔「語る」の未然形に継続の助動詞「ふ」の付いたものとも、「語り合ふ」の転ともいう〕
[可能] かたらえる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

語らうの関連キーワード鳥部山物語岡本五月打ち寛ぐ語り合う心境小説染崎延房言切る未然形物語居間一夕

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

語らうの関連情報