コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課戸 かこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

課戸
かこ

令制の税制上,夫役 (ぶやく) を課される者が1人以上いる家。官僚に給与される封戸 (ふこ) も課戸であり,課戸は令制国家の財政的基盤であった。課戸を基準とした封戸は,課戸内の課口人数に差があり,その収益に差が出て不公平なものであったから,この弊害をなくすため,慶雲2 (705) 年には4丁で1戸とし,さらに天平 19 (747) 年には1戸内に正丁5~6人,中男1人を標準課戸と定めた。『延喜式』には,正丁4人,中男1人をもって1戸となす,と定められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かこ【課戸 Kè hù】

中国,隋・唐時代の律令制下において,課役(かえき)を負担する者を課口,負担せぬ者を不課口と定めたが,1人でも課口のいる家を課戸と呼び,公課徴収の対象として重視された。当代は官人や商人,僧侶道士,賤民はみな不課とされたので,農民を主体とする障害のない男子正丁(21~59歳,時代により若干変動)のいる戸に限られた。盛唐の天宝時代(742‐755)の統計によると,全戸のうち課戸が6割を占めている。課丁【池田 温】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かこ【課戸】

律令制で、課口のいる戸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

課戸
かこ

律令(りつりょう)制下において、課口(かこう)すなわち調、庸、雑徭(ぞうよう)などの負担者が1人以上いる戸のこと。課口のいない戸を不課戸という。律令官人などに支給する封戸(ふこ)は課戸をもってあてるが、705年(慶雲2)正丁(せいてい)4人をもって一戸に準ずるとし、標準課戸を定めた。
 ついで747年(天平19)に一戸内の正丁数を5、6人、中男(ちゅうなん)1人を標準課口数とし、以後これを例としたが、『延喜(えんぎ)民部式』によると正丁4人、中男1人を一戸の標準数としている。[米田雄介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の課戸の言及

【律令格式】より

… いわゆる律令制の中で最大の特色とするのは均田制である。その均田制の対象とされる農民を課戸と言うが,課戸は一種の身分である。課戸は一定の農地の分配を受けるはずであるが,その農地が規定よりもはなはだしく狭小な場合でも,その負担である租庸調の徴集は減額されないのである。…

※「課戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

課戸の関連キーワード戸籍一戸伝戸符損

課戸の関連情報