(読み)か

精選版 日本国語大辞典「課」の解説

クヮ【課】

〘名〙
① 割り当てられた仕事、負担、租税
※続日本紀‐霊亀二年(716)四月乙丑「務為欺謾、以邀其課」 〔旧唐書‐職官志〕
② 令制で、官吏の登用試験をすること。→課試(かし)
※令集解(868)考課「釈云。考。考校。課。課試也。言年終功過考校。并芸業伎能課試。有数也」
③ 官庁、会社などにおける事務分担の小区分。局、部より下で係より上。「人事課」など、接尾語的にも用いる。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「官等に些(ち)とばかりに高下は有るとも同じ一課の局員で」
④ 教科書などの一区切り。「第一課」など、接尾語的にも用いる。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉一「は此の課を以て此の本を終はらんとす」

か‐・する クヮ‥【課】

〘他サ変〙 くゎ・す 〘他サ変〙 仕事や責任、または税など負担になることを負わせる。仕事などを言い付ける。
※史記抄(1477)一六「功令と云は、学者の殿最を課したる功の次第をかきつけたものぞ」
※日本国憲法(1946)八四条「あらたに租税を課し」

か‐・す クヮ‥【課】

〘他サ変〙 ⇒かする(課)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「課」の解説

か【課】[漢字項目]

[音](クヮ)(呉)(漢)
学習漢字]4年
仕事・勉強・税などを義務として割り当てる。「課業課税課題課徴金公課賦課
割り当てられた仕事や勉強。「課外課程課目学課正課日課放課後
官庁や会社の事務の一区分。「課長/庶務課」

か〔クワ〕【課】

事務機構の小区分。多く局・部の下にあり、係の上にある。「人事異動でが変わる」「資材
教科書などの内容のひと区切り。単元より小さい単位。「前のを復習する」「第一

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【人頭税】より

…各個人に頭割りに課す税をいう。ヨーロッパ諸語ではpoll tax(英語),Kopfzins(ドイツ語),capitation(フランス語)といい,いずれも〈頭〉を意味する語を含んでいる。…

※「課」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android