コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷津直秀 ヤツナオヒデ

デジタル大辞泉の解説

やつ‐なおひで〔‐なほひで〕【谷津直秀】

[1876~1947]動物学者。東京の生まれ。東大教授。実験形態学実験発生学および分類学の発展に貢献。著「動物分類表」「無脊椎動物系統学概論」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷津直秀 やつ-なおひで

1877-1947 明治-昭和時代前期の動物学者。
明治10年9月8日生まれ。コロンビア大で実験発生学をまなぶ。帰国後,母校東京帝大の助教授,慶大教授をへて大正11年東京帝大教授。動物学に実験的研究法を導入した。学士院会員,日本動物学会会頭。昭和22年10月2日死去。71歳。東京出身。著作に「動物分類表」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やつなおひで【谷津直秀】

1876‐1947(明治9‐昭和22)
動物学者。東京の生れ。父の仕事の関係から10代の前半を北海道にすごし,自然への関心を高める。1897年東京帝国大学理科大学動物学科に入学。三崎臨海実験所を中心に箕作佳吉の指導下でシャミセンガイの発育を研究。1900年卒業とともに大学院へ進むが,翌年アメリカのコロンビア大学に留学,E.B.ウィルソンに師事し,実験発生学,実験形態学を学ぶ。留学中には1年間ナポリ臨海実験所に渡り,当時最先端の動物学の雰囲気を味わう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やつなおひで【谷津直秀】

1876~1947) 動物学者。東京生まれ。斬新な実験手法と、ヒモムシ・ウニ・ネズミなどの幅広い動物を用いて細胞生理学・内分泌学・実験発生学を進め、多大な成果を残した。記載と比較より分析と実証を重視する研究姿勢を示し、日本の動物学の中心を形態学・博物学から実験生理学へ移した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷津直秀
やつなおひで
(1876―1947)

動物学者。東京市に生まれる。1900年(明治33)東京帝国大学理科大学を卒業後、アメリカ、コロンビア大学のウィルソンEdmund Beecher Wilson(1856―1939)のもとで実験形態学の研究を行い、博士号を得た。1907年に帰国し、理科大学講師を嘱託され、1910年には助教授となった。1920年(大正9)慶応義塾大学教授、1922年東京帝国大学教授となり、1938年(昭和13)退官して名誉教授。1936年には帝国学士院会員を命ぜられた。大学在任中は実験動物学(実験発生学、実験形態学、生理学など)の指導・発展に努めた。著書に『動物分類表』『生物学講義』『無脊椎(むせきつい)動物系統学概論』などがある。また、日本動物学会会頭も長年務めた。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の谷津直秀の言及

【系統樹】より

…また見やすいために教育上にも便利なものとして用いられてきた。日本では,池野成一郎による植物の系統樹,谷津直秀による動物の系統樹が広く用いられた。 一般に骨を残さない動物や植物は化石を得ることがひじょうに困難である。…

※「谷津直秀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

谷津直秀の関連キーワード細胞生理学ヒモムシ内分泌学岡田 要博物学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android