谷田峠(読み)たんだだわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷田峠
たんだだわ

岡山県新見市と鳥取県日南町の間にある中国山地越えの峠。標高約 500m。「たんだとうげ」「たにだとうげ」ともいう。かつては山陰の境港山陽玉島港とを結ぶ玉島街道が通った。 1928年国鉄伯備線がこの街道に沿って開通してから衰微したが,県道が整備され復活。

谷田峠
たんだとうげ

谷田峠」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷田峠
たんだとうげ

鳥取県日野郡日南(にちなん)町と岡山県新見(にいみ)市の県境にある峠。「たんだだわ」ともいう。標高520メートル。主要地方道新見日南線(玉島街道)が通じ、その下をJR伯備(はくび)線谷田トンネルが通る。近世以降、和鉄の移出、石灰の移入が馬荷や荷馬車で行われ、さらに高梁(たかはし)川水運で玉島港と結ばれたが、伯備線の開通でさびれた。古来峠越しの交流が密で、方言や民俗に山陰・山陽との類似性が高い。[岩永 實]
『『日南町史』(1984・日南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android