豊栄神社(読み)トヨサカジンジャ

百科事典マイペディアの解説

豊栄神社【とよさかじんじゃ】

山口市の七尾山麓に鎮座。旧別格官幣社。祭神は毛利元就(もとなり)。1600年に小祠を創建したのが始まりと伝え,明治維新後,現地に移建。
→関連項目野田神社

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊栄神社
とよさかじんじゃ

山口市上宇野令(かみうのれ)字野田に鎮座。正一位毛利元就(もうりもとなり)を祀(まつ)る。旧別格官幣社。1600年(慶長5)関ヶ原の合戦に敗れた毛利輝元(てるもと)が安芸(あき)国(広島県)から長門(ながと)国(山口県)萩(はぎ)に国替になった際、毛利家中興の祖元就の霊を同所江向(えむかい)村の春日(かすが)神社内に祀ったのに始まる。1762年(宝暦12)、時の藩主重就(しげなり)は、城内二ノ郭(くるわ)鎮座の官知の土地神社を改造して、元就の霊と毛利氏の始祖天穂日命(あめのほのひのみこと)とを合祀(ごうし)、70年(明和7)仰徳大明神の号を受けた。1869年(明治2)天皇より豊栄の神号を賜り、71年山口野田七尾山麓(さんろく)に現社殿を造営した。[阪本是丸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊栄神社の関連情報