コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊栄神社 トヨサカジンジャ

3件 の用語解説(豊栄神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とよさか‐じんじゃ【豊栄神社】

山口市上宇野礼にある神社。祭神は毛利元就(もうりもとなり)。慶長5年(1600)毛利輝元が創建。仰徳大明神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豊栄神社【とよさかじんじゃ】

山口市の七尾山麓に鎮座。旧別格官幣社。祭神は毛利元就(もとなり)。1600年に小祠を創建したのが始まりと伝え,明治維新後,現地に移建。
→関連項目野田神社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊栄神社
とよさかじんじゃ

山口市上宇野令(かみうのれ)字野田に鎮座。正一位毛利元就(もうりもとなり)を祀(まつ)る。旧別格官幣社。1600年(慶長5)関ヶ原の合戦に敗れた毛利輝元(てるもと)が安芸(あき)国(広島県)から長門(ながと)国(山口県)萩(はぎ)に国替になった際、毛利家中興の祖元就の霊を同所江向(えむかい)村の春日(かすが)神社内に祀ったのに始まる。1762年(宝暦12)、時の藩主重就(しげなり)は、城内二ノ郭(くるわ)鎮座の官知の土地神社を改造して、元就の霊と毛利氏の始祖天穂日命(あめのほのひのみこと)とを合祀(ごうし)、70年(明和7)仰徳大明神の号を受けた。1869年(明治2)天皇より豊栄の神号を賜り、71年山口野田七尾山麓(さんろく)に現社殿を造営した。[阪本是丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊栄神社の関連キーワード官幣社護王神社別格官幣社湊川神社阿部野神社唐沢山神社菊池神社藤島神社佐嘉神社山内神社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊栄神社の関連情報