コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊玉 とよたま

2件 の用語解説(豊玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊玉
とよたま

長崎県対馬中央部を占める地域。西は朝鮮海峡,東は対馬海峡,南は浅茅湾に面する。旧町名。 1955年仁位 (にい) 村と奴如岳村が合体して豊玉村となり,1975年町制。 2004年3月厳原,上県,上対馬美津島,峰の5町と合併し対馬市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊玉
とよたま

長崎県下県(しもあがた)郡にあった旧町名(豊玉町(ちょう))。現在は対馬(つしま)市豊玉町(まち)地区。旧豊玉町は1975年(昭和50)町制施行。2004年(平成16)厳原(いづはら)、美津島(みつしま)、上県、峰(みね)、上対馬(かみつしま)の5町と合併、市制施行して対馬市となる。旧豊玉町は、対馬の中央部に位置する。平安時代の玉調(たまつき)郷の北部を占める。主邑(しゅゆう)の仁位(にい)は、浅茅(あそう)湾の支湾である仁位浅茅湾の湾奥に位し、樽ヶ浜(たるがはま)(対馬市美津島町地区)との間に定期船が就航、また区域内を対馬縦貫道路(国道382号)が走る。区域の約90%は林野で占められるが、粗悪林が多かったため、近年人工造林が進み、シイタケ栽培が盛んである。漁業は、水ノ浦のタイ・ブリ、網島のキビナゴ・トビウオのほかイカの一本釣り漁業が盛んで、するめの特産があり、仁位浅茅湾・濃部(のぶ)浅茅湾では真珠養殖が行われている。湾岸には豊玉姫を祀(まつ)る和多都美(わたつみ)神社があり、正面の鳥居は、満潮時には2メートル近く海中に浸っている。西の烏帽子(えぼし)岳(176メートル)から浅茅湾、東の権現(ごんげん)山(139メートル)から大漁(おろしか)湾を望む景観はすばらしい。[石井泰義]
『『豊玉町誌』(1992・豊玉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊玉の関連キーワード壱岐雲仙峰[町]長崎県長崎市伊王島町長崎県対馬市上対馬町泉長崎県対馬市上対馬町琴長崎県対馬市上対馬町玖須長崎県対馬市上対馬町豊長崎県対馬市上対馬町西泊長崎県対馬市上対馬町古里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊玉の関連情報