コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上県 かみあがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上県
かみあがた

長崎県対馬の北西部,朝鮮海峡に面する地域。旧町名。 1955年仁田村と佐須奈村が合体して町制。 2004年3月厳原上対馬豊玉美津島の5町と合併して対馬市となった。小河川沿いの小低地を除くと,大部分が丘陵性の山地で,耕地は少ない。農・林・漁兼業の町で,米作,野菜の栽培,イカ,ブリなどの一本釣りが主。中心集落の佐須奈は寛文 12 (1672) 年に対朝鮮の貿易港として開かれた。中部の御岳 (490m) は好展望地,天然記念物の鳥類繁殖地,特にキタタキの生息地であったが,1920年以降確認できず絶滅したとされている。壱岐対馬国定公園に属する。国道 382号線が域内を縦断する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上県
かみあがた

長崎県北部、上県郡にあった旧町名(上県町(ちょう))。現在は対馬(つしま)市上県町(まち)地区。旧上県町は1955年(昭和30)佐須奈(さすな)、仁田(にた)の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)厳原(いづはら)、美津島(みつしま)、豊玉(とよたま)、峰(みね)、上対馬(かみつしま)の5町と合併、市制施行して対馬市となる。旧上県町は、対馬の北西部に位置する。佐護(さご)川、仁田川流域にわずかの水田地帯があるほかは、大部分が山林、原野で、林業が中心産業であり、シイタケの産がある。中心の佐須奈は木材集散地。御岳(みたけ)(479メートル)は、マミジロ、サンコウチョウ、ヤイロチョウなど多くの鳥の繁殖地。一帯の国有林約150ヘクタールの地域は、かつてはキタタキ(キツツキ科最大の鳥)の生息地として国指定天然記念物(1923)であった。しかし、キタタキは絶滅したとされ、1972年(昭和47)からは、御岳鳥類繁殖地と指定名称を変更し、国指定天然記念物になっている。海岸の岬上にある千俵蒔(せんびょうまき)山(287メートル)からは、朝鮮半島方面への展望が開け、古代は烽火(とぶひ)の起点をなした。仁田地区の伊奈(いな)浦は蒙古(もうこ)来襲の地である。山中の深山(みやま)、目保呂(めぼろ)にはダムがある。海岸にはトビウオ漁や小型定置網、イカ釣りを主とする漁村が散在し、ワカメ、ウニの採取も行っている。1997年には対馬に生息するツシマヤマネコ(国指定天然記念物)など絶滅のおそれのある野生生物の生態や現状について普及啓発活動を行う対馬野生生物保護センターを設置、2003年からは同センターでのツシマヤマネコの一般公開も実施している。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上県の関連キーワードストックホルム県厳原(いづはら)原田三郎右衛門ツシマヤマネコ飯田神左衛門尉長崎県対馬市上対馬[町]上対馬〈町〉佐護長右衛門高橋波自米女上県〈町〉厳原[町]豊玉[町]上県[町]対馬[市]対馬(市)峰〈町〉山脇 巌峰[町]村上藩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上県の関連情報