コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹此太夫(2代) とよたけ このたゆう

2件 の用語解説(豊竹此太夫(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹此太夫(2代) とよたけ-このたゆう

1726-1796 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
享保(きょうほう)11年生まれ。大坂の人。義太夫節豊竹筑前少掾(ちくぜんのしょうじょう)の弟子。豊竹八重太夫(初代),時太夫(初代)をへて宝暦7年2代を襲名。明和3年北堀江市(いち)の側(かわ)に操(あやつり)座をおこし,作者菅専助(せんすけ)とくんで翌年同地に,7年道頓堀に豊竹座を再興した。寛政8年10月4日死去。71歳。通称は銭屋佐吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹此太夫(2代)

没年:寛政8.10.4(1796.11.3)
生年:享保11(1726)
江戸中期の義太夫節の太夫。大坂堂島の生まれ。通称銭屋左吉。豊竹筑前少掾の門弟。初名豊竹八重太夫。時太夫と改め,宝暦7(1757)年に此太夫を襲名。明和には江戸に下るが,帰坂後北堀江市の側に人形浄瑠璃芝居を建て,座本となる。師の筑前少掾の面影をうつし,愁いの描出に巧みで,滑稽味・即興性のあるものもよかったといわれ,「染模様妹背門松」の「質店の段」,「紙子仕立両面鑑」の「大文字屋の段」,「摂州合邦辻」の「合邦庵室の段」,「桂川連理柵」の「帯屋の段」に特色を残し,今も伝承される。初代は豊竹筑前少掾の前名。

(高木浩志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊竹此太夫(2代)の関連キーワード半太夫節江戸半太夫義太夫本竹本越路太夫豊竹若太夫竹本小清竹本富太夫竹本理太夫豊竹此太夫(3代)豊竹島太夫(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone