コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪族屋敷村 ごうぞくやしきむら

3件 の用語解説(豪族屋敷村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豪族屋敷村
ごうぞくやしきむら

日本で中世に成立した集落の一つ。荘園内の有力な名主 (みょうしゅ) たちによって開拓が行われ,名主の屋敷を中心にその家族,血縁関係者および下人や奴婢などの集団で形成された。館,根小屋 (根古屋) ,堀ノ内,箕輪,寄居などの地名をもつ集落のなかにこの種の屋敷村が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうぞくやしきむら【豪族屋敷村】

日本の中世において,豪族の居館を核として,その周辺に隷属民や農民を配置し,この集落の周囲を濠,土塁,石垣,屋敷林などで囲繞した形態の村。城郭を近辺の山上に構築している場合もみられる。形態上,構造上からみて,防御的性格は濃厚である。したがって立地的環境からみると,前面に低湿地や沖積平地を望む段丘崖付近や小丘陵上,あるいは台地末端部に多く位置し,付近には一族やその隷属民によって開拓された耕地が存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豪族屋敷村
ごうぞくやしきむら

地方豪族の居館や屋敷を中心としてできている中世的性格の集落。関東では館(やかた)、堀之内、箕輪(みのわ)、根小屋(ねごや)、中国、四国では土居、山下(さんげ)、九州では拵(かこい)、麓(ふもと)などとよばれる。丘陵や台地の端や侵食谷底をはじめ沖積平野の自然堤防上などにもみられ、防御上の適地が選ばれることが多い。その集落形態は、中心の豪族の館の周りには、米倉、納屋(なや)、厩(うまや)や下人(げにん)長屋がつくられ、それらの周りには土塁や堀が巡らされる。豪族は下人を使って屋敷の周りの耕地を手作りしていた。やがて豪族の勢力が増強されると土塁や堀が二重につくられるものもできてくる。そして周りに農民や職人、それに商人などの来住するものが増え、寺社も招致されて集落は発達し、城下町が形成されてゆく。[浅香幸雄]
『浅香幸雄編『日本の歴史地理』(1966・大明堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone