コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カイ

7件 の用語解説(貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい〔かひ〕【貝】

貝殻をもつ軟体動物。ハマグリなどの二枚貝サザエなどの巻き貝ツノガイなどの掘足類を主にいう。
貝殻。「細工」
貝殻で作ったもの。貝香(かいこう)の粉末、螺鈿(らでん)など。
ほらがい。時刻を知らせたり、武士の出撃の合図などに用いられた。
貝合わせ」の略。

ばい【貝/×蛽/海蠃】

エゾバイ科の巻き貝。浅海の砂泥底にすむ。貝殻は紡錘形で、殻高6センチくらい。殻表は火炎状および点状の褐色斑紋があり、厚い黄褐色の殻皮をかぶる。北海道南部から南に分布。肉は食用、殻はばいごま・貝細工の材料。つぶ。つぼ。
貝独楽(ばいごま)」の略。べえ。「―を打つ」「―を回す」

ばい【貝】[漢字項目]

[音]バイ(慣) [訓]かい
学習漢字]1年
〈バイ〉
かい。「貝貨
巻き貝の一種。バイ。「貝独楽(ばいごま・べいごま)
貝多羅葉(ばいたらよう)のこと。「貝葉
〈かい(がい)〉「貝殻赤貝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

貝【かい】

軟体動物のうち,石灰質の殻をもつものの総称,またはその殻。広義には軟体動物そのものを指し,またウニ,フジツボ,ホオズキガイ等を含めることもある。大部分は海産だが,淡水や陸上にもすむ。
→関連項目腹足類斧足類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かい【貝】

軟体動物Molluscaの中で石灰質の殻をもっている種類の総称,あるいはその石灰質の殻をいう。しかし,殻をもたないナメクジウミウシ類を含めて軟体動物全体を貝類ということもある。以前は軟体動物以外のアミガイ(コケムシ動物),シャミセンガイ,ホオズキガイ(腕足動物),モミジガイ(棘皮(きよくひ)動物ヒトデ類),エボシガイ(節足動物蔓脚(まんきやく)類)なども名のように貝とされたが,分類学の進歩とともにそれぞれの正しい位置に移された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かい【貝】

かたい貝殻かいがらをもった軟体動物の総称。二枚貝・巻貝まきがい・角貝つのがいなどを含む。多くは水中にすむ。
貝殻。 「 -細工」
ほらがい。 「 -をにはかに吹き出でたるこそ/枕草子 120
「貝合わせ」の略。 「 -の御勝負/御湯殿上 文明一九
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝の関連キーワード多板類軟体動物擬軟体動物珊瑚矢石星砂軟体類アビソコナイトペレット岩カルシタイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貝の関連情報