赤来[町](読み)あかぎ

百科事典マイペディアの解説

赤来[町]【あかぎ】

島根県中部,飯石(いいし)郡南西部の旧町。国道54号線が南の赤名(あかな)峠を越えて広島県三次(みよし)市に延び,両県連絡の交通要路をなす。耕地が少なく,肉用牛の飼育が盛ん。来島(きじま)ダムがある。2005年1月飯石郡頓原町と合併し町制飯南町となる。117.98km2。3477人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかぎ【赤来[町]】

島根県中部,飯石郡の町。人口3721(1995)。神戸川の最上流域にあり,中国山地を境に広島県に接する。出雲,石見,備後の3国にまたがり,古くから交通の要衝として栄え,たたら製鉄が行われていた。国道54号線が南北に走り,県境の赤名トンネルの開通により広島市への時間が短縮された。平地の少ない高冷地帯のため肉用牛の飼育が盛んで,肉用牛の生産団地や肉用牛肥育センターなどがある。シイタケやワサビの栽培が行われ,高冷地農業の研究開発を行う県農業試験場赤名分場がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android