コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利銀行 あしかがぎんこう

3件 の用語解説(足利銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利銀行
あしかがぎんこう

地方銀行。 1895年設立。以後県内の 18行を吸収して成長。栃木県内を中心に関東地方や福島県を地盤として営業。首都圏の拡大や県内への企業進出によって業績を伸ばしている。 71年オンラインシステムを稼動。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

足利銀行

宇都宮市に本店を置く地方銀行。1895年に創業した。2003年9月中間決算で1023億円の債務超過になったため、預金保険法上の「特別危機管理銀行」に認定され、一時国有化。証券大手の野村ホールディングスを中心とするグループに株式が売却され、08年7月から再び民営化された。10年3月末の預金残高は4兆4177億円、貸出金残高は3兆3659億円。

(2010-10-15 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

足利銀行

正式社名「株式会社足利銀行」。通称「あしぎん」。英文社名「THE ASHIKAGA BANK, LTD.」。銀行業。明治28年(1895)設立。本店は宇都宮市桜。足利ホールディングス子会社の地方銀行。栃木県地盤。埼玉・群馬・茨城県などに支店を展開。県の指定金融機関。貸出金シェア県内トップクラス

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利銀行の関連キーワード栃木県宇都宮市旭栃木県宇都宮市桜栃木県宇都宮市新町栃木県宇都宮市滝の原栃木県宇都宮市西栃木県宇都宮市新里町栃木県宇都宮市馬場通り栃木県宇都宮市峰栃木県宇都宮市茂原栃木県宇都宮市若草

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利銀行の関連情報