コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足羽山 あすわやま

2件 の用語解説(足羽山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足羽山
あすわやま

福井県北部,福井市の市街地南郊にある小丘。標高 117m。福井平野が沈降する以前の一山頂で,凝灰岩から成り,笏谷石 (しゃくだにいし) の名で切出されていた。現在は4万本の花木が植えられ,公園として整備されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足羽山
あすわやま

福井市街の南西部にある第三紀の凝灰岩からなる小丘陵。標高116メートル。この淡緑色の凝灰岩を、採石の中心地名をとって笏谷(しゃくだに)石(越前(えちぜん)石、福井石ともいう)とよんでいる。加工が容易であるため、建築、土木、墓石などの材料に使用されてきた。山上には足羽山古墳群や足羽山公園があり、全山が植物園となって郷土の植物が植えられている。そのほか、福井市自然史博物館、足羽神社、平和塔、墓地公園、継体(けいたい)天皇石像などがあり、福井市第一の名所となっている。[印牧邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足羽山の関連情報