コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島神社 フジシマジンジャ

5件 の用語解説(藤島神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじしま‐じんじゃ〔ふぢしま‐〕【藤島神社】

福井市にある神社。主祭神は新田義貞。明治3年(1870)義貞戦死の旧跡に創建、同34年現在地に遷座。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤島神社【ふじしまじんじゃ】

福井市毛矢に鎮座。旧別格官幣社新田義貞をまつる。社地は1338年義貞が足利勢との戦いで討死した場所に由来。1870年創建。例祭は8月25日。
→関連項目福井[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじしまじんじゃ【藤島神社】

福井市毛矢にあり,新田義貞をまつる。1338年(延元3∥暦応1)義貞は北朝方の斯波高経と戦い,越前藤島で戦死した(藤島の戦)。1870年(明治3)福井藩知事松平茂昭は,新田塚と呼ばれていた義貞戦死の地に祠を建てたが,76年にその社名が藤島神社と定められ,別格官幣社に列せられた。81年に近くに移転したが,1901年に足羽(あすわ)山の中腹に移された。義貞の弟脇屋義助,子義顕・義興以下の将士を配祀する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじしまじんじゃ【藤島神社】

福井市岩堀町にある神社。新田義貞を主神とする。1870年(明治3)福井藩知事松平茂昭が建立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤島神社
ふじしまじんじゃ

福井市毛矢(けや)三丁目に鎮座。南北朝時代の武将新田義貞(にったよしさだ)を主神とし、新田義宗(よしむね)・脇屋義助(わきやよしすけ)以下の一族郎党を合祀(ごうし)する。1333年(元弘3・正慶2)義貞は、倒幕の旗をあげて鎌倉に攻め入り、北条氏を滅ぼし、建武(けんむ)政権で後醍醐(ごだいご)天皇に重用される。1338年(延元3・暦応1)足利尊氏(あしかがたかうじ)側と戦い、藤島で戦死した。
 義貞戦没地と伝えられる燈明寺畷(とうみょうじなわて)より江戸時代初期に兜(かぶと)が出土、福井藩主松平氏歴代は遺跡の保存に努め、1870年(明治3)松平茂昭(しげあき)は同地に社殿を造営した。1876年別格官幣社に列せられ藤島神社と称し、1901年(明治34)現在地に遷座。例祭5月1~3日。社宝に義貞所用と伝える発掘の鉄製銀象眼(ぞうがん)兜、鎌倉期の太刀(たち)二口、紙本結城宗広(しほんゆうきむねひろ)書状(いずれも国の重要文化財)などがある。[平泉隆房]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤島神社の関連キーワード瓜生保金崎宮セーレン灯明寺畷新田義貞と福井一井貞政高田義遠新田義宗船田義昌轟産業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone