転転(読み)テンテン

デジタル大辞泉の解説

てん‐てん【転転】

[副](スル)
次々と移りかわるさま。「転転と各地を巡業する」
「由良はそうした小屋から小屋を―した」〈万太郎・春泥〉
ころがっていくさま。「ボールは外野を転転とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんてん【転転】

( 副 ) スル
次々に移るさま。 「 -と住居をかえる」 「職を求めて-(と)する」
ころがるさま。 「球は-(と)外野の塀に達した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐てん【転転】

〘名〙 (形動タリ) (「てんでん」とも)
① それからそれへと移り動くこと。また、そのさま。
※性霊集‐一(835頃)入山興「流之流之入深淵、入深淵、々去」
※史記抄(1477)一三「転闘━転々して、闘てそこをしをうせてはききするぞ」 〔漢書‐貢禹伝〕
② 車などが回るさま。また、あちこちところがるさま。
別れ霜(1892)〈樋口一葉〉五「車転々(テンテン)として轍のあと遠く地に印されぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android