コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝北[町] きほく

百科事典マイペディアの解説

輝北[町]【きほく】

鹿児島県大隅半島北部,曾於(そお)郡の旧町。全町丘陵地でボラと呼ばれる火山灰地のため生産力が低い。肉牛,野菜,茶などを産し,林業も行う。2006年1月肝属郡吾平町,串良町と鹿屋市へ編入

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きほく【輝北[町]】

鹿児島県大隅半島北部に位置する曾於(そお)郡の町。人口4554(1995)。西部は高隅山地,東部はシラス台地で,菱田川支流の梅ヶ渡川,平房川,堂籠川が南東に流れ,浸食谷を形成する。町面積の75%は山林であるが,谷底低地は水田,台地上はカンショ主体の畑地に利用されている。古くから馬産地として知られ,町名も1956年の町制施行の際,良馬を意味する驥と同音の輝をあてて輝北とした。〈きれいな星空日本一〉の常連で,天体観測施設・輝北天球館がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

輝北[町]の関連キーワード鹿屋市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android