コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻善之助 つじ ぜんのすけ

7件 の用語解説(辻善之助の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

辻善之助

歴史学者。兵庫県生。東京帝大卒。日本仏教史の研究に従事。史料編纂所初代所長。東大名誉教授。退官後は、文化財専門審議会会長などを務めた。著に『日本仏教史』『日本文化史』等。文化勲章受章。昭和三十年(一九五五)歿、七八才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つじ‐ぜんのすけ【辻善之助】

[1877~1955]歴史学者。兵庫の生まれ。東大教授・史料編纂所初代所長。実証的な仏教史研究に業績を残した。文化勲章受章。著「日本仏教史」「日本文化史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

辻善之助【つじぜんのすけ】

歴史学者,仏教史家。姫路生れ。1899年東大卒。1923年東大教授,1929年史料編纂(へんさん)所初代所長。主著《日本仏教史》,編著《明治維新神仏分離史料》。
→関連項目鹿苑日録

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻善之助 つじ-ぜんのすけ

1877-1955 明治-昭和時代の日本史学者。
明治10年4月15日生まれ。35年史料編纂掛にはいり,38年史料編纂官となる。大正12年東京帝大教授,昭和4年から史料編纂所初代所長を兼任。大正10年「日本仏教史之研究」で学士院恩賜賞。昭和27年文化勲章。昭和30年10月13日死去。78歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「日本仏教史」「日本文化史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

つじぜんのすけ【辻善之助】

1877‐1955(明治10‐昭和30)
大正・昭和期の歴史学者。兵庫県姫路生れ。1899年,東京帝国大学文科大学国史科を卒業,同年同大学院へ進んだが,研究題目とした〈政治の方面より観察したる日本仏教史〉は,そのまま生涯を通じての学問的課題となった。古代から明治に及ぶ辻の多彩な日本仏教史研究は,堅固な実証主義的方法で貫かれ,政治はもとより社会・文化史的観点を重視することで,それまでの教団史的水準を克服した画期的業績であった。研究の集大成をなす《日本仏教史》全10巻(1944‐55)のほか,《日本仏教史の研究》正・続(1919,31),《日本文化史》全7巻(1948‐50)など多数の著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻善之助
つじぜんのすけ

[生]1877.4.15. 姫路
[没]1955.10.13. 東京
歴史学者。 1899年東京大学卒業。史料編纂掛に勤務し史料編纂員,同編纂官,同事務主任を歴任し,1929年史料編纂所と改称されるとその初代所長として,史料の編纂出版に努め,東京大学教授を兼ねて国史学科の指導にあたり,32年には帝国学士院会員に推された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻善之助
つじぜんのすけ
(1877―1955)

歴史学者。明治10年4月15日、兵庫県姫路(ひめじ)に生まれる。第一高等学校、帝国大学文科大学国史科を卒業(恩賜懐中時計拝領)。帝国大学史料編纂(へんさん)員、同史料編纂官となり、1911年(明治44)東京帝国大学文科大学助教授(兼任)、20年(大正9)史料編纂掛事務主任(後の史料編纂所長)、23年東京帝国大学教授(兼任)、38年(昭和13)停年退官。その間、史料採訪のため全国に出張、後進を指導して、今日の史料編纂所の基礎を築くとともに、文化史・仏教史に大きな業績を残し、史料の保存・出版などに活躍した。帝国学士院会員。52年(昭和27)文化勲章受章。熱心な真宗信者であった。昭和30年10月13日死去。おもな著書に『日本仏教史』10巻(1944~55・岩波書店)、『日本文化史』七巻・別録四巻(1948~53・春秋社)などがある。[益田 宗]
『『辻善之助博士自歴年譜稿』(1977・続群書類従完成会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辻善之助の関連キーワード兵庫県立歴史博物館兵庫県姫路市青山兵庫県姫路市亀山兵庫県姫路市立町兵庫県姫路市継兵庫県姫路市仁豊野兵庫県姫路市広畑区兵庫県姫路市本町兵庫県姫路市八代兵庫県姫路市安田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone