コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マデ

デジタル大辞泉の解説

まで【迄】[副助・終助]

[副助]名詞、活用語の連体形、一部の助詞などに付く。
動作・事柄の及ぶ距離的、時間的な限度・範囲・到達点を表す。「ここ来れば安心だ」「明日待ってください」「東京から大阪三時間かかる」
「堀江越え遠き里―送り来(け)る君が心は忘らゆましじ」〈・四四八二〉
動作・事柄の及ぶ程度を表す。…ほど。…くらいに。「そんなにぼくのことを思ってくれるのか」
「作法、世に珍しき―、もてかしづき聞こえ給へり」〈・桐壺〉
動作・事柄がもうそれ以上には及ばず、それに限られる意を表す。…だけ。「気に入らなければ断るさ」「念のために聞いてみただ」
「タダ出陣ノトキ、貝ヲ吹クコト、コレ家ノ役ナレバ勤ムル―ヂャ」〈天草本伊曽保・陣頭の貝吹き〉
極端な例をあげて、他の場合を言外に推測させる意を表す。…さえ。「子供にばかにされる」「実の親に見放される」
「賤(しづ)の男(を)―、おのが顔のならむさまをば知らで笑(ゑ)みさかえたり」〈・葵〉
[終助]確認・強調を表す。…ね。…よ。…ぞ。
「私がまゐって呼び返いて来(こ)う―」〈虎明狂・乞聟〉
[補説]を格助詞と扱う説もある。また、3は、多く断定の意を表す語を伴って文末に用いられるが、「まずはお礼まで」のように断定の助動詞を伴わないで用いることもある。3の用法が転じたものと考えられ、中世末から近世にかけて用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

迄の関連キーワード何時何時迄も心行く許りだまを出す今は是迄かんかん目っかる意地張り何時迄も匹夫匹婦心行く迄気保養水浅葱賢立て窮措大其れ迄但しは理責め尽未来無愛敬小さい

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迄の関連情報