コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 マデ

1件 の用語解説(迄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まで【迄】[副助・終助]

[副助]名詞、活用語の連体形、一部の助詞などに付く。
動作・事柄の及ぶ距離的、時間的な限度・範囲・到達点を表す。「ここ来れば安心だ」「明日待ってください」「東京から大阪三時間かかる」
「堀江越え遠き里―送り来(け)る君が心は忘らゆましじ」〈・四四八二〉
動作・事柄の及ぶ程度を表す。…ほど。…くらいに。「そんなにぼくのことを思ってくれるのか」
「作法、世に珍しき―、もてかしづき聞こえ給へり」〈・桐壺〉
動作・事柄がもうそれ以上には及ばず、それに限られる意を表す。…だけ。「気に入らなければ断るさ」「念のために聞いてみただ」
「タダ出陣ノトキ、貝ヲ吹クコト、コレ家ノ役ナレバ勤ムル―ヂャ」〈天草本伊曽保・陣頭の貝吹き〉
極端な例をあげて、他の場合を言外に推測させる意を表す。…さえ。「子供にばかにされる」「実の親に見放される」
「賤(しづ)の男(を)―、おのが顔のならむさまをば知らで笑(ゑ)みさかえたり」〈・葵〉
[終助]確認・強調を表す。…ね。…よ。…ぞ。
「私がまゐって呼び返いて来(こ)う―」〈虎明狂・乞聟〉
[補説]を格助詞と扱う説もある。また、3は、多く断定の意を表す語を伴って文末に用いられるが、「まずはお礼まで」のように断定の助動詞を伴わないで用いることもある。3の用法が転じたものと考えられ、中世末から近世にかけて用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迄の関連キーワードからは如きどころかなのでなのになんかなんぞものかなもので連体形

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

迄の関連情報