コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おさん茂兵衛 おさんもへえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おさん茂兵衛
おさんもへえ

天和3 (1683) 年9月 22日姦通の罪でともに処刑された,京都烏丸の大経師の妻おさんと手代茂兵衛。2人で丹波国に逃げていたが捕えられ,洛中引回しのうえ磔 (はりつけ) になった。当時評判の事件で,歌にうたわれ,井原西鶴の『好色五人女』巻三や,近松門左衛門浄瑠璃大経師昔暦』 (1715上演) の素材となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

おさん茂兵衛

古典落語の演目のひとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おさんもへえ【おさん茂兵衛】

京都の大経師の妻おさんと同家の手代茂兵衛。1683年密通が露見して処刑された。この事件は井原西鶴の「好色五人女」(第三話)や近松門左衛門の「大経師昔暦」などに脚色された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おさん茂兵衛
おさんもへえ

実在の姦通(かんつう)事件、およびこれを脚色した小説、戯曲の登場人物名。1683年(天和3)、京都・烏丸通(からすまどおり)の大経師(だいきょうじ)意俊(いしゅん)の妻おさんが手代(てだい)茂兵衛と密通し、仲立ちをした下女玉(たま)と3人が丹波(たんば)国(兵庫県)に潜伏していたのを召し捕られ、9月22日粟田口(あわたぐち)で処刑されたという。井原西鶴(さいかく)は『好色五人女(こうしょくごにんおんな)』(1686)の「中段に見る暦屋(こよみや)物語」でおさん茂右衛門(もえもん)の名で小説化、近松門左衛門は浄瑠璃(じょうるり)『大経師昔暦(むかしごよみ)』(1715)にほとんど実名で脚色、その後も多くの作品に扱われている。近年では川口松太郎の小説『おさん茂兵衛』(1954)が『近松物語』の名で劇化され、新派の当り狂言になり、映画化もされた。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

おさん茂兵衛の関連キーワード一の宮 あつ子森畑結美子落語の演題井之上淳古典落語近松物語藤間 紫未央一同家祭文

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おさん茂兵衛の関連情報