コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おさん茂兵衛 おさんもへえ

5件 の用語解説(おさん茂兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おさん茂兵衛
おさんもへえ

天和3 (1683) 年9月 22日姦通の罪でともに処刑された,京都烏丸の大経師の妻おさんと手代茂兵衛。2人で丹波国に逃げていたが捕えられ,洛中引回しのうえ磔 (はりつけ) になった。当時評判の事件で,歌にうたわれ,井原西鶴の『好色五人女』巻三や,近松門左衛門浄瑠璃大経師昔暦』 (1715上演) の素材となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おさん‐もへえ〔‐モヘヱ〕【おさん茂兵衛】

京都烏丸(からすま)の大経師の妻おさんと手代茂兵衛。天和3年(1683)姦通の罪により磔(はりつけ)となった。井原西鶴好色五人女」、近松門左衛門大経師昔暦」などに作品化されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

おさん茂兵衛

古典落語の演目のひとつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おさんもへえ【おさん茂兵衛】

京都の大経師の妻おさんと同家の手代茂兵衛。1683年密通が露見して処刑された。この事件は井原西鶴の「好色五人女」(第三話)や近松門左衛門の「大経師昔暦」などに脚色された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おさん茂兵衛
おさんもへえ

実在の姦通(かんつう)事件、およびこれを脚色した小説、戯曲の登場人物名。1683年(天和3)、京都・烏丸通(からすまどおり)の大経師(だいきょうじ)意俊(いしゅん)の妻おさんが手代(てだい)茂兵衛と密通し、仲立ちをした下女玉(たま)と3人が丹波(たんば)国(兵庫県)に潜伏していたのを召し捕られ、9月22日粟田口(あわたぐち)で処刑されたという。井原西鶴(さいかく)は『好色五人女(こうしょくごにんおんな)』(1686)の「中段に見る暦屋(こよみや)物語」でおさん茂右衛門(もえもん)の名で小説化、近松門左衛門は浄瑠璃(じょうるり)『大経師昔暦(むかしごよみ)』(1715)にほとんど実名で脚色、その後も多くの作品に扱われている。近年では川口松太郎の小説『おさん茂兵衛』(1954)が『近松物語』の名で劇化され、新派の当り狂言になり、映画化もされた。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

おさん茂兵衛の関連キーワード算額伊藤梅宇ウォルトンフェリペ虚栗八百屋お七世継曽我義経堂おさん・茂兵衛其角

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おさん茂兵衛の関連情報