コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆コース ギャクコース

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐コース【逆コース】

ぎゃっコース

ぎゃっ‐コース〔ギヤク‐〕【逆コース】

普通と逆の道順。
社会の進歩、時代の流れにらう動き。昭和26年(1951)ごろから、復古調を皮肉って使われだした

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゃくコース【逆コース】

第2次大戦後の冷戦激化の中で現れ,対日講和条約発効とともにいっそう顕著となった,戦後民主主義を否定し,戦前への復帰をめざす動向をいう。東西両陣営の対立激化にともない,1948年以降アメリカの対日占領政策が転換し,自由主義陣営の一員としての日本経済の復興が進められた。50年に入ると共産党弾圧,職場でのレッドパージが行われ,朝鮮戦争後は公職追放が解除されて旧政財界人等の復帰がはじまり,マッカーサー最高司令官の命令による警察予備隊の編成が再軍備端緒となった(1950年8月)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎゃくコース【逆コース】

道順が、普通と逆であること。
政治上の反動化の傾向をいう語。

ぎゃっコース【逆コース】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逆コース
ぎゃくこーす

第二次世界大戦後の民主化政策を見直し改革に逆行しようとする政策路線。1948年(昭和23)の占領政策の転換に始まるが、系統的になるのは1951年に第3次吉田茂内閣が首相の私的諮問(しもん)機関「政令諮問委員会」の答申に従い、法体制を一変する時期以後である。1952年7月、破壊活動防止法が成立・公布され、政府に「暴力主義的破壊活動」を行う団体を規制・解散させる権限を与え、公安調査庁が設立された。労組・知識人・学生自治会などは「治安維持法の再来」と反対し、国民の間に「逆コース」と非難する風潮が高まった。同年4月、吉田首相は国会で「自衛のための戦力は合憲」と答弁、7月には保安庁法を公布、10月、警察予備隊を11万に増強し、7590名の海上警備隊を加えて保安隊を創設し、1954年には米国から「相互防衛援助協定」による軍事援助を受け、陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊からなる自衛隊を発足させ、再軍備に踏み切った。1956年、教育委員の公選制から任命制への転換も、この一環とされる。[佐々木隆爾]
『J・ダワー著、大窪愿二訳『吉田茂とその時代』上下(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

逆コースの関連キーワードケーディス チャールズジャクソンの法則公安調査庁日米関係女性団体教研集会堀江謙一コース流行語女の園農家道順傾向

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆コースの関連情報