コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相模湖 さがみこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相模湖
さがみこ

神奈川県北西部,相模原市北西部の旧町域。中央を東流する相模川を挟んで,北半は関東山地,南半は丹沢山地が連なる。 1955年与瀬町,小原町と千木良村,内郷村が合体し相模湖町が成立。 2006年相模原市に編入。平地は少なく,相模川と支流の道志川河岸段丘上におもな集落がある。観光が主産業。中心地区の与瀬は東方の小原とともに近世には甲州街道宿場町であった。相模湖は東京,横浜方面からの日帰り行楽客が多く,1964年の東京オリンピック競技大会でカヌー競技場となったために艇庫,ボートハウスなどが整備されている。ヘラブナワカサギなど,釣りの名所。北部の底沢に美女谷温泉があり,南東部には国指定史跡の寸沢嵐石器時代遺跡 (すわらしせっきじだいいせき) がある。小原宿本陣が現存。大部分は陣馬相模湖県立自然公園に属する。

相模湖
さがみこ

神奈川県の北部相模川上流にある相模ダムの完成によってできた人造湖ダムは高さ 58.4m,延長 196mの重力式ダム (重力ダム ) で,1940年着工,47年完成。湖の周囲約 12km,最大水深 45m,有効貯水量 4820万m3。日本最初の多目的人造湖で,発電 (最大出力3万 1000kW) ,灌漑のほか,横浜市,川崎市の水道用水に利用される。釣りや舟遊び,ハイキングの好適地で,東京近郊の行楽地としても有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さがみ‐こ【相模湖】

神奈川県北西部にある、相模川中流をせき止めたダムによってできた人造湖。昭和22年(1947)完成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

相模湖【さがみこ】

神奈川県の相模川上流,相模原市にあるダム湖。1947年完成の相模ダム(堤長196m)の貯水池で,有効貯水量4820万m3。発電,灌漑(かんがい),横浜市・川崎市の上水道用水に利用。
→関連項目相模川相模湖[町]相模原[市]藤野[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さがみこ【相模湖】

神奈川県北部,津久井郡にある相模川をせき止めて造成された人造湖。面積3.26km2,京浜地域の工業化,都市化の進展につれ需要が増加した水資源を確保するため,神奈川県が1938年に相模川河水統制事業を計画,都市用水,工業用水農業用水を取水し発電,洪水調節,観光などに資する多目的の相模ダムが40年着工された。第2次世界大戦のため工事は中断されたが47年完成,相模湖が誕生した。このため93戸あった勝瀬(かつせ)集落は湖底に沈んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さがみこ【相模湖】

神奈川県北部、相模川中流域にある相模ダムで堰せき止められた人造湖。発電・上水用。また、首都圏の観光・保養地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕相模湖(さがみこ)


神奈川県北部、相模川中流部の相模ダムによってできた人造湖。面積3.3km2。同ダムは1947年(昭和22)に完成した日本最初の多目的ダム。洪水調節・発電・灌漑(かんがい)のほか横浜市・川崎市などの上水道源に利用される。ボート場・カヌー場などの各種レジャー施設が整う首都圏の行楽地。ワカサギ・ヤマメなどの釣りができる。陣馬(じんば)相模湖県立自然公園の中心で、湖畔に「ふるさとの森」などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

相模湖の関連キーワード神奈川県相模原市緑区与瀬神奈川県相模原市緑区都市計画法と線引き神奈川県相模原市相模湖(旧町名)フォッサマグナ相模湖〈町〉相模湖[町]相模原(市)相模湖(湖)藤野〈町〉秋山〈村〉藤野[町]ペヘレイ富栄養化緑[区]道志ダム首都圏保養地小仏峠

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相模湖の関連情報