コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道路公害 どうろこうがい

世界大百科事典 第2版の解説

どうろこうがい【道路公害】

道路を自動車が走行することによって発生する公害。すなわち騒音振動大気汚染を主たる内容とし,とくに高架道路に顕著に現れる低周波公害電波障害,通風妨害,日照妨害,景観破壊,地域分断による地域社会破壊および以上のものを原因として住民の中に起こる精神的荒廃現象,さらに道路施工段階における騒音,振動などの建設公害など,モータリゼーション社会において自動車道路によって沿道住民が被るさまざまな被害を総称して道路公害という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

道路公害の関連キーワード公害訴訟トラック

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android