コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合汚染 ふくごうおせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合汚染
ふくごうおせん

硫黄酸化物や窒素酸化物などの共存による環境汚染。相乗作用によって単独の場合より被害が増大する。実例として,煤塵と硫黄酸化物あるいは光化学オキシダントが複合すると,被害の症状が激しくなることが報告されている。このほか食品添加物,残留農薬,医薬品など,単独では安全であっても複数の物質が人体内に取入れられることによって生じる健康被害なども複合汚染と呼ばれる。複合した場合の相乗作用や相加作用,また逆の拮抗作用に関しては,調査研究がなお不十分である。影響は人体だけにとどまらず広く人間生活を支える自然の生態系にも及ぼされると考えられるが,これも今後の重要な課題として残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくごう‐おせん〔フクガフヲセン〕【複合汚染】

2種類以上の毒性物質が複合して毒性を強めた汚染。
[補説]有吉佐和子の小説から一般に用いられるようになった。→複合汚染(書名)

ふくごうおせん【複合汚染】[書名]

有吉佐和子長編小説昭和49年(1974)から昭和50年(1975)にかけて朝日新聞で連載。環境汚染問題をテーマとする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

複合汚染【ふくごうおせん】

2種類以上の汚染物質が環境中や生体内で,相乗的・相互干渉的に影響し合い,被害を大きくする汚染。1974年―1975年,《朝日新聞》に連載された有吉佐和子の《複合汚染》が問題を提起。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくごうおせん【複合汚染】

〔有吉佐和子の同名の小説(1975年発表)で知られるようになった語〕
複数の有害物質が複合して作用することで、質的・量的に予期しない汚染が起こること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

複合汚染の関連キーワード生物モニタリング有吉 佐和子梁瀬 義亮林業試験場有害物質土壌汚染新聞小説梁瀬義亮生物指標化学肥料同名公害

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複合汚染の関連情報