コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合汚染 ふくごうおせん

5件 の用語解説(複合汚染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合汚染
ふくごうおせん

硫黄酸化物や窒素酸化物などの共存による環境汚染相乗作用によって単独の場合より被害が増大する。実例として,煤塵と硫黄酸化物あるいは光化学オキシダントが複合すると,被害の症状が激しくなることが報告されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくごう‐おせん〔フクガフヲセン〕【複合汚染】

2種類以上の毒性物質が複合して毒性を強めた汚染。
[補説]有吉佐和子の小説から一般に用いられるようになった。→複合汚染(書名)

ふくごうおせん【複合汚染】[書名]

有吉佐和子長編小説。昭和49年(1974)から昭和50年(1975)にかけて朝日新聞で連載。環境汚染問題をテーマとする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

複合汚染【ふくごうおせん】

2種類以上の汚染物質が環境中や生体内で,相乗的・相互干渉的に影響し合い,被害を大きくする汚染。1974年―1975年,《朝日新聞》に連載された有吉佐和子《複合汚染》が問題を提起。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふくごうおせん【複合汚染】

〔有吉佐和子の同名の小説(1975年発表)で知られるようになった語〕
複数の有害物質が複合して作用することで、質的・量的に予期しない汚染が起こること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複合汚染の関連キーワード有吉佐和子出雲の阿国香華和宮様御留恍惚の人フラニーとゾーイ野蛮喜劇不信のとき身がわり 母・有吉佐和子との日日紀本花

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

複合汚染の関連情報